国旗についての物語
no image
大相撲では土俵の上に必ず「日の丸」が掲示され、時に「満員御礼」の垂れ幕が下がる。 相撲人気が回復し、最近その「満員御礼」がまた出るようになった。相撲好きの私としては嬉しい限り。居間で「タニマチ」気分を味わうのは庶民の贅沢 […]
no image
メキシコの国旗 私が主宰するユーラシア21研究所(東京・赤坂)の周辺にはなんとも美味しいレストランがたくさんある(みたいな)のです。 なんとも無粋な私はインド、フランス、イタリアなどを、どちらかといえば敬遠し、お刺身、焼 […]
no image
天球儀を描いたポルトガルの国旗 天球儀から星座を採ったブラジルの国旗 映画「天地明察」を見ました。「天地明察」の主人公である囲碁師であり、大和暦を考案した安井算哲(=渋川春海。岡田准一)、浅学菲才の私はこの人が1639年 […]
no image
室町時代後半になって、武士による統率力があいまいになると、「日の丸」は庶民レベルでも親しまれるようになった。山口県岩国市の吉川家に伝わり、今では、国立東京博物館(東博)所蔵の重要文化財「月次風俗図屏風」(8曲1隻、紙本着 […]
no image
世界の国旗の中で満月が登場するのはラオスとパラオ。三日月(または月齢25くらいの月)はイスラム諸国の国旗に出てきます。是非、探してみてください。何カ国あるかなぁ。 メコン川に浮ぶ月(ラオスの国旗) 太平洋に浮ぶ月(パラオ […]
no image
日本の国旗を燃やすデモ隊の国旗は買ったものなのだろうか 摂津市 内山豊子 これは10月14日付朝日新聞の朝日歌壇の入選歌である。選者の高野公彦さんは「反日デモを見ながらふと浮かんだ不思議な想念。意表を衝かれる歌である」。 […]
no image
2012年10月16日。ポーランドのウロツワフ競技場で行われたサッカーの国際親善試合で日本はブラジルに0-4で敗れた。 「ザックジャパンが世界の厚い壁に阻まれた」とスポニチは報道しているが、「跳ね飛ばされた」という幹事で […]
no image
EUの旗 そのEUの旗について、説明しましょう。 1985年にミラノで開かれた欧州理事会において、欧州旗をEUの旗として使用することが合意されました。 デザインを考えたのは、ジェラルド・スレヴィン (Gerard Sle […]
no image
EUの旗 米誌「Newsweek」(10月10日号)のperspective欄に、こんな話が出ていました。 「昨日はスペイン人、今日は倭私たち、明日はイタリア人、あさっては…ヨーロッパ中の人々が該当に繰り出す」。ギリシャ […]
no image
チリの国旗 アメリカ・テキサス州の旗 チリの国旗、実はチリが独立するとき、1817年に初めて掲げられたものですが、アメリカから応援に来たオイギンスという兵士がデザインしたと言う説が有力です。ですから、アメリカの国旗と同じ […]
メニュー