国旗についての物語
no image
国旗に現れる星はほとんどが五稜星(五角星、五芒星)です。 ほとんどの場合、星の1つの角(とんがり)が上向きですが、中には、カリブ海の、セント・クリストファ(キッツ)・ネービスのようにまるで逆さまのように(2つの角が上向き […]
no image
産経新聞は【昭和正論座】として往年の「正論」のうち、秀逸なものを連載している。2月2日は1981年当時、平和・安全保障研究所理事長だった猪木正道元防衛大学校校長(京大名誉教授)の論考を掲載している。いうまでもなく、猪木先 […]
no image
日本が大使館を新設するのは2年ぶりです。来年度早々にアイスランドの首都レイキャビクと南スーダンの首都ジュバに日本大使館ができます。これで在外の日本大使館の数は136になります。 南スーダンの国旗 日本の国旗「日の丸」 南 […]
no image
インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府は1月30日、ニューデリーで中国政府によるチベット人弾圧を非難し、国際社会に支援を求める大規模集会を開いた。 アイスランドの国旗 日本の国旗「日の丸」 日本の外務省職員の数 […]
no image
インド北部ダラムサラに拠点を置くチベット亡命政府は1月30日、ニューデリーで中国政府によるチベット人弾圧を非難し、国際社会に支援を求める大規模集会を開いた。 チベットの「国」旗 1月31日付産経新聞でニューデリーの岩田智 […]
no image
独立の是非を問う住民投票が2014年に予定される英スコットランドでは、独立派スコットランド民族党のサモンド党首が「独立後も英国王にスコットランド国王を兼ねてもらいたい」と表明。だが党内外から「王室を維持するかどうかも住民 […]
no image
2013年、今年に入ってスペイン国王のフアン・カルロス1世(75)がテレビのインタビューで「極端な見方を持つ者たちによって分離主義が導かれている」と述べ、国の結束を呼びかけた。 スペインの国旗 フアン・カルロス1世 バス […]
no image
産経新聞1月26日付 読売新聞1月26日付 1月25日朝、アルジェリアでの人質事件で亡くなられた日本人10人中、9人のご遺体が無言の帰国をした。 国会議事堂前の国旗掲揚塔にはこの日、国旗「日の丸」が哀悼の意(弔意)を示す […]
no image
アルジェリア南東部イナメナスで起きた人質事件に巻き込まれ、死亡が確認された皆様の御霊に謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りします。みなさんは日本の「企業戦士」として危険を顧みず異国で勤務し、どんなにか悔しい思いで最期を遂 […]
no image
ベルギーとスペインで、国王が国内の分離独立の動きを牽制する発言をし、独立推進派の猛反発を浴びている。国家を超える機能を持ち始めつつあるEU、それでいながらギリシャをはじめとする深刻な経済危機、そしてEUからの離脱さえしか […]
no image
イギリスの国旗 日本の国旗 モザンビークの首都はマプート。ポルトガルの植民地時代はロレンソマルケスという名で、アフリカ有数の良港とされていました。古色蒼然とはしていましたが、伝統あるこの町一番のホテルに泊まり、インド洋か […]
no image
AK47 Ⅱ型銃 5年ほど前のことです。AK47と言うと、「アコー47士? それって赤穂の敵討ちの話でしょ?」という、信じられないような私の友人がいました(年齢、性別はマル秘)。でも、これはほんとにあった話。このごろはA […]
メニュー