国旗についての物語
no image
今度の日曜日、12月15日はNHK大河ドラマ「八重の桜」の最終回です。題して「いつの日も花は咲く」。八重のすばらしい生き方に、私ははこの1年、何度も何度もボロボロと涙を流してみてきました。 二月ほど前でしたか、このHPを […]
no image
先日、パリ共和国親衛隊吹奏楽団(ギャルド)のプログラムを紹介したとき、フランスンの「三色旗(トリコロール)」はサマになると書きましたが、どうしてどうして、イギリスの「ユニオン・ジャック(ユニオン・フラッグ)」もよく街で見 […]
no image
敬してやまないベテラン国際派ジャーナリストPさんからのメールです。本来はもっと長いものですが、要点の一部を転載させていただきます。Pさんは今月、ずっとヨーロッパを歴訪しておられました。 ドイツの国旗 今回、いまさらながら […]
no image
12月5日、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領が亡くなった。 南アフリカの国旗。 大統領就任演説で「人種が融和する虹の国をつくろう」と言った姿が忘れられない。 「虹の国」の実現はマンデラ氏の理想であり、それがデ […]
no image
11月22日(現地時間)昼、テキサス州ダラトで米35代大統領J・F・ケネディが銃殺された。そのすばらしい就任演説は後に日本でも教科書に載ったり、暗記させられたものだ。 暗殺直前のケネディ大統領ご夫妻 50星の「星条旗」で […]
no image
2013年11月末から12月はじめにかけて、両陛下は53年ぶりのインドへの公式訪問を行った。非公式には1974年にネパールの国王戴冠式にお出ましになられたとき、2日ほどニューデリーとバングラデシュのダッカに立ち寄られた。 […]
no image
タイの首都バンコクで反政府デモを続ける野党・民主党を中心とする勢力は連日街頭デモを続け、対立は日に日にはげしくなってきている。 最後の切り札かプミポン国王 写真はNHKのテレビ放送より。 11月25日、財務省などのビルを […]
no image
朝日新聞ほか各紙に拠れば、中米のホンジュラスで11月24日、大統領選があり、二人の候補者がともに勝利宣言をするという混乱が起こっている。中間発表では得票率でトップの与党候補と、4年前のクーデターで失脚したセラヤ前大統領の […]
no image
29日付の露紙コメルサントに、同社代表のマイケル・バーク氏は「正直に言って、この2日間、モスクワで起こったことが理解できない」と懸念を表明。一方で、場所を移して行う展覧会について「成功を収めるだろう。なぜなら(今回の騒動 […]
no image
合掌。読売新聞11月30日付電子版が、ロイター通信を引き、以下の航空機事故を報じている。 アフリカ南部ナミビア北東部で29日、モザンビーク航空の旅客機が墜落し、乗員・乗客34人全員が死亡した。 原因は不明。同機は29日午 […]
no image
老生は記事を読んでいて思わず、目がうるうるしてしまった。天皇陛下が「少し、いただこうか」と述べられ、原発事故後、初めて収穫した福島県広野町の新米が、吹上御所に届けられたという。 明治2(1869)年に太政官布告で制定され […]
no image
九州場所千秋楽の11月24日、モンゴル出身の横綱・日馬富士(伊勢ケ浜部屋)が、5場所ぶり6度目の優勝を決めた。結びの一番で横綱・白鵬(宮城野部屋)との1敗対決を制し、賜杯を受けた。 現在のモンゴルの国旗 ありがとう、白鵬 […]
メニュー