国旗についての物語
no image
コートジボアール・チームってすごいですね。前半16分、本田の先制で気分良くしていたら、さすがコートジボアール。あれで本気を出したのか、後半、特に天下のディディエ・ドログバ(36)が加わるや、まるで別のチームかというほどの […]
no image
ライブドアがネットで伝えるところに拠れば、6月5日に行われたサッカー・ブラジルW杯の開会式で、ナイジェリアの国旗がニジェールの国旗と間違えて使用されたそうだ。ミスが発生したのは、開会式の後半、出場32カ国の国旗を舞台中央 […]
no image
いやぁ、いい試合でしたね。W杯の緒戦、開催国ブラジルと強豪クロアチア。オウンゴールでクロアチアが先制したときは今回のW杯は大混乱になるかと興奮しました。 少し落ち着いた今、国旗の話をしましょうね。 ブラジルの国旗 クロア […]
no image
W杯開会直前のサンパウロの市街。手前右下から、メキシコ、ナイジェリア、コートジボアール、アルジェリア、コロンビア、ロシア、ボスニアヘルツェゴビナ、コスタリカの各国旗、中央は同じくエクアドル、日本、クロアチア、ホンジュラス […]
no image
2014年6月2日、スペインのラホイ首相が国王フアン・カルロス1世(76)の退位を発表した。後継は、2020年のオリンピックをマドリードでとI総会でもOC呼びかけたフェリペ皇太子(46)。同皇太子は198センチの長身、ヨ […]
no image
この作戦で約12万人の連合軍将兵と11万余のドイツ軍将兵が戦傷者となった。 上陸作戦に参加した国の国旗も向かい受けたドイツの国旗も子供たちの胸に描かれている。前列のみ左からスロバキア、オランダ、仏、独、豪、白、加、丁、米 […]
no image
現在のスリランカ民主社会主義共和国は、1948年2月4日、イギリスから自治領セイロンという国名で独立した。1972年には国名をスリランカ共和国と改称し、英連邦内の1つの共和国となり、1978年から現在のスリランカ民主社会 […]
no image
2カ月ぶりに沖縄を訪ねた。いつものことだが、那覇空港から始まってどこにいっても、シーサーを見かけた。 ご承知のように、シーサーは、沖縄でよく見かける魔よけの置物。家や建物の門や屋根などに据え付けられる。各家々ではこれとと […]
no image
2014年2月6日、ナザルバエフ大統領は国名をカザフエリ(原意は「カザフ人の土地」)に変更することを提案した。 カザフスタンの国旗 その意図は、周辺の同じく「スタン」を国名に持つ旧ソ連諸国(タジキスタン、ウズメキスタン、 […]
メニュー