国旗についての物語
no image
エストニアの国旗 2012年初場所を初優勝で飾った エストニア出身の大関・把瑠都. まわしの色はエストニアの国旗の色。 初場所大相撲で大関・把瑠都が優勝しました。それも大関が13日目で優勝を決めるという、10年前の朝青龍 […]
no image
日本が強力な後ろ盾となっていた1943~45年の国旗。 独立後、1948~1974年までの国旗。 アウンサンスーチーさんや亡命政権は今もこの国旗のみを認めている。 1974~2010年までの国旗。 社会主義を標榜する軍事 […]
no image
ミャンマーの国旗 カレン族民族解放軍(KNLA)の旗 朝日新聞の夕刊で、昨日(2012年1月16日)から、「安住を求めて 第三国定住の現場で」という連載が始まりました。その1回目は、こんな書き出しです。 <「犬のほえる声 […]
no image
キプロスの国旗 ギリシャの国旗 北キプロスの国旗 トルコの国旗 キプロスの国旗。但し、現実には南部のギリシャ系地域内ではギリシャ国旗(中央左)が、北部では北キプロス国旗(中央右)やトルコ国旗(右)が幅を利かせているのです […]
no image
ソ連の国旗 金正日総書記の棺を覆った朝鮮労働党旗。 朝鮮式の鎌と槌、中央は知識階級を表す筆。 インド共産党旗 中国共産党旗 ベトナム共産党旗 日本共産党の党証。 歯車は労働者階級を、稲穂は農民を表している。 「北朝鮮(朝 […]
no image
日本が強力な後ろ盾となっていた1943~45年の国旗。 独立後、1948~1974年までの国旗。 アウンサンスーチーさんや亡命政権は今もこの国旗のみを認めている。 1974~2010年までの国旗。 社会主義を標榜する軍事 […]
no image
日本が強力な後ろ盾となっていた1943~45年の国旗。 独立後、1948~1974年までの国旗。 アウンサンスーチーさんや亡命政権は今もこの国旗のみを認めている。 1974~2010年までの国旗。 社会主義を標榜する軍事 […]
no image
元旦から「タディの国旗の世界」というHPを始めたところ、おかげさまでご好評をいただいているようです。 ありがとうございます。 各国別の国旗の説明から、こども用のお楽しみページ、そして、国旗にまつわるさまざまな「物語」を関 […]
no image
サモアの国旗 正式名称が「サモア独立国」であるサモアは、南太平洋島に浮かぶ島国で、人口は18万人足らず(世界で187位)。国連加盟国であり、英連邦の一員である。 南太平洋の東経170~180度線周辺にあるサモア諸島のうち […]
no image
韓国の国旗 日本でいう終戦記念日、8月15日を韓国では光復節として祝います。 これは1910年8月に日韓両国が併合し、その後、韓国という国は35年間、地理上から消えていたのを1945年のこの日、日本の敗戦で回復したという […]
no image
世界の国旗で一番多く見られる色は赤です。その赤について各国では次のように決めています。 東京オリンピックでもそうでしたが、私は自分が関係する国家的な事業その他各国の国旗を掲揚する場合は、以下の違いを承知の上、製作上の都合 […]
no image
タジキスタンの国旗 2011年10月3日の朝日新聞で知りました。 旧ソ連のタジキスタンが世界一高い国旗掲揚塔を建てたというのです。 早速、この国に事務所を構えている日本の唯一の国際協力NGO難民を助ける会の堀江良彰事務局 […]
メニュー