国旗についての物語
no image
上段左からシリア、サウジアラビア、エジプト、イラク、レバノン、下段左からパレスチナ、イエメン、ヨルダンの各国旗。今もって国旗が同じであるのは、サウジアラビア、ヨルダン、レバノンの3カ国のみ。他の国々では何度も国旗の変更が […]
no image
1965年2月からのカナダ国旗 東京オリンピック当時のカナダ国旗 「ALWAYS 三丁目の夕日」はなんとも微笑ましく、素晴らしい映画だと思います。今回の第3編は1964(昭和39)年、云わずと知れた東京オリンピックのころ […]
no image
1. 1932年に制定されたシリア国旗(今回、反政府軍が掲げている旗) 2. 1952年、エジプトとのアラブ連合成立で採択された国旗 3. 1961年、シリアによるアラブ連合からの離脱で復活した国旗 4. 1963年、バ […]
no image
都内随一の直線道路といってもいい国道246号線(青山通り)に年末から「日の丸」が並んでいます。 掲揚しているのは、外苑前商店会。中心になっているのは呉服屋さんの小林敬三氏。4年前まで25年間、商店会長であり、かつ、地域の […]
no image
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国旗 2011年12月17日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の最高指導者・金正日総書記が急逝しました(同19日の北朝鮮政府発表)。拉致事件をはじめ、さまざまなトラブルを起こし、最近でも […]
no image
これはロシア連邦の国章です。さきに、モスクワの市章が聖ジョージ(ゲオルギオス)がドラゴンを退治している様子だと紹介しましたが、ロシアの国章は、その様子を描いた市章を双頭のワシの紋章の中に置いたものです。 図が小さくなるか […]
no image
1911年の辛亥革命後、「青天白日滿地紅旗(以下、青天白日旗)」への変更が、当時の政争とも絡み、激しい抗争となり、結局、翌12年、「五色旗」が国旗として採択されました。 中華民国建国後、孫文臨時大総統(1866~1925 […]
no image
清国の国旗 先日、今年の干支である辰、これに因んで龍と国旗のことを書きながら大事な国旗に触れるのを怠っていました。 現在の国旗ではブータンに大きく龍が描かれているのをはじめ、マルタ国旗のガーター勲章の中とか、さらには、モ […]
no image
トルコの国旗 少々不謹慎な話かもしれませんが、お許しを。 月と星の旗は、イスラム教国の国旗にしばしば登場します。 2011年10月、トルコで大きな地震があり、その救援活動中に、余震で宿泊していたホテルが倒壊して亡くなった […]
no image
バルバドスの国旗 なでしこジャパンが昨年6月、ドイツで開催された女子サッカー世界選手権大会で、「奇跡の優勝」を果たしことに、日本中が沸き立ちました。私はその日、たまたま岩手県の東日本大震災被災地に行っておりましたが、みな […]
no image
辰年の正月が終わりました。 辰(龍、竜)といえばブータンの国旗の大きな竜を思い出しますが、今回は年頭にあたり、少し話を絞って、東西の竜について考えてみたいと思います。 マルタの国旗 グルジアの国旗 イングランドの旗。 国 […]
no image
チリの国旗 テキサス州の州旗 カレン民族解放軍(KNLA)の旗 アリゾナ州の州旗 ダルビッシュ有のテキサス・レンジャーズ入団が決まりました。 これで日本のプロ野球がさらにつまらなくなるかもしれませんが、「自由貿易」の時代 […]
メニュー