コスタリカ共和国の旗

コスタリカ共和国

首都 サン・ホセ 言語 スペイン語
人口 4,579,000人(2008) 面積 51,100km²

北はニカラグア、南はパナマに接し、太平洋とカリブ海に挟まれた国。

1502年、コロンブスがこの地に到着して「富める海岸」(英語のRich Coastに相当)と命名したことが国名になった。

以来、スペイン領となり、グアテマラ総督の支配するところとなった。

しかし、1823年6月23日、独立を達成し、中米合州国に加わった。

1838年、この合州国は解体し、コスタリカ、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、エルサルバドルの5カ国が生まれた。

5カ国とも、この中米合州国の旗の色を国旗にとりいれている。

1848年、フランス二月革命でのルイ・フィリップの退位を記念して、中央に自由を意味する赤い帯を加え、現在の国旗となった。

政府旗には自由を表わす旭日、3火山、7つの星、2隻の船から成る紋章がつく。

メニュー