ドミニカ共和国の旗

ドミニカ共和国

首都 サント・ドミンゴ 言語 スペイン語
人口 10,090,000人(2008) 面積 48,730km²

この国の国旗は、隣接するハイチの国旗とは好対照である。

ハイチ国旗の紋章が大砲、軍鼓、ラッパなどを配して“戦闘的”であるのに対し、ドミニカ共和国の国旗は聖書と十字架という“平和的”な紋章。

1839年、三位一体教会(トリニタリアン)の創設者であり、ドミニカ共和国の建国者であるファン・パブロ・デュアルテの考案した旗。

1844年、同国がハイチから分離、独立した時に国旗となった。

旗の青は神、赤は祖国、白は自由を意味する。

1955年の憲法第12条は、中央の紋章について詳述している。

それによれば、聖書と十字架の他に、両側には槍に結ばれた紋章なしの国旗が飾られ、月桂樹とシュロ(ヤシ)の枝がそれを囲み、上のリボンには〈神・祖国・自由〉という標語が、下のリボンにはドミニカ共和国と記されることになっている。

メニュー