ポーランド共和国の旗

ポーランド共和国

首都 ワルシャワ 言語 ポーランド語
人口 38,074,000人(2008) 面積 312,685km²

ポーランドの伝説的な建国者であるレヒが、アドリア海に近い地域から北上して国を造ろうとしたとき、「赤い夕日を背景に白いワシが飛んでいるのを見たら、そこに都を築け」という啓示を受けた。

今のワルシャワの地でこの光景を見たレヒは、この地を首都として、白と赤の旗を定め、赤地に王冠つきの白ワシの紋章を作って、これをポーランドの国章とした。

現在でも商船旗にはこの白ワシの紋章がつけられている。

しかし、18世紀末の3回にわたる〈ポーランド分割〉は、愛国者コシューシコらの奮闘にもかかわらず、ポーランドを消滅させた。

第一次世界大戦終了の1918年に再び独立国となったポーランドは、レヒの伝説にまつわる白と赤の二色旗を採択した。白は自由を、赤はその自由のために流された血を表わしている。

メニュー