クロアチア共和国の旗

クロアチア共和国

首都 ザグレブ 言語 クロアチア語
人口 4,416,000人(2008) 面積 56,542km²

北はハンガリーに、南はアドリア海に沿って名勝ドゥブロブニクまで細長く伸びる国。

10世紀のクロアチア王国の建国でカトリックに改宗。

11世紀からハンガリーの支配を受け、やがてハンガリーとオーストリアとの二重帝国の一部となった。

1918年にスロベニア、セルビアとともに独立、スラブの色である青白赤の横三色旗を採択。

第二次世界大戦後、チトーの下で社会主義国となり、黄色で縁取られた赤い星を追加。

1991年、独立を宣言し、連邦軍と年末まで激戦を展開、セルビア系住民の多いクライナ地方を失った。

1995年8月、クライナを武力で奪還、12月に包括和平協定を結んだ。

国旗の中央にはクロアチア伝統の紅白チェックの「市松模様」の紋章(サホブニツァ)があり、その上に左から古代クロアチア、ドゥブロブニク、ダルマチア、イストリア、スラボニアの小さな紋章を載せている。

サホブニツァは13世紀にさかのぼるクロアチアの標章である。

メニュー