オーストリア共和国の旗

オーストリア共和国

首都 ウィーン 言語 ドイツ語
人口 8,364,000人(2008) 面積 83,870km²

第3回十字軍遠征の際の1192年、レオポルド・ヘンデンサム公が、異教徒であるイスラム教徒と戦ったときに勇戦し、返り血を浴びて、純白の陣羽織がベルトの部分を除いて真っ赤に染まったという。

国旗はその故事に由来している。

オーストリアは近世史の主役を演じてきた列強の一つ。

ワグナー(楽劇のワグナーとは別人)は、「双頭の鷲の旗の下に」という世界的に有名なマーチを作曲して、ハプスブルク家の統治するオーストリア帝国を讃えた。

事実、その時代のオーストリアの旗は、双頭のワシの紋章をつけていた。

ハンガリーとの二重帝国時代(1867~1918)には、その旗と、ハンガリーの赤白緑の旗とを横長につなげて国旗とした。

双頭の紋章は1945年5月以来、単頭となり、政府旗にはこの単頭の紋章をつけ加えることになっている。

メニュー