アルバニア共和国の旗

アルバニア共和国

首都 ティラナ 言語 アルバニア語
人口 3,155,000人(2008) 面積 28,748km²

アドリア海の南端に臨み、新ユーゴ、マケドニア、ギリシャに接する国。

400年以上にわたりトルコの支配下にあったが、1912年に独立。

両対戦を通じ、ギリシャ、イタリア、ドイツの勢力下に入ったこともあった。

第二次世界大戦末期の1944年11月、ホッジャ将軍らによって解放され、左翼政権が誕生した。

以後、約40年間、ホッジャの独裁体制による独自路線を歩んだ。

国旗は、独立当時は「双頭のワシ」の上に王冠がついたものだったが、ホッジャの登場で王制が廃止され、社会主義政権の樹立で星がついた。

1991年に同独裁体制が崩壊し、翌1992年4月、星を除去することが国会で決定され、即日、実施された。

左右をにらむ「双頭のワシ」は、この国がアジアとヨーロッパの中間に位置し、両方の分岐点に位置し、双方に目を配っていることを示している。

メニュー