中華人民共和国香港特別行政区(香港)の旗

中華人民共和国香港特別行政区(香港)

首都 政府総部所在地は「香港添馬 添美道2號」 言語 中国語、英語
人口 7,026,400人(2009) 面積 1,104km²

この地域は1840年からのアヘン戦争の結果できた42年の南京条約などにより清朝からイギリスに割譲された土地とその後の租借地で構成されたイギリスの植民地でしたが、イギリスは中国との友好やさまざまな国益を考慮し、1997年7月1日に中国に返還した。

それにより、香港は特別行政区に改編され、新たな旗を制定しました。この日の香港主権移行にあたっては、それまでの「ユニオン・ジャック(英国旗)」とそれをカントンに置き、龍や船から成る香港の紋章を付けた旗が降納され、新たな香港の旗になった、赤地に花を白色で抜いた旗と「五星紅旗(中国の国旗)」が掲げられました。国旗による国家の統治権の交代を明示的に示す瞬間でした。このように国旗は主に政治的な大きな変革により変更されるのです。

香港の旗はバウヒニアをデザイン化したものです。この花はマメ科の植物ですが、冬にツツジのような形の花をつけ、香港の人たちに特別に親しまれています。5つの星は中国の「五星紅旗」を連想させるものです。

メニュー