国旗についての物語
no image
11月13日、石原慎太郎前と知事を党首に太陽党が発足しました。これで国会議員を擁している党はいくつになったんでしょう。そして3ヵ月後にはいくつになるのでしょう。 党名は作家としての石原さんの出世作『太陽の季節』から来てい […]
no image
「錦秋の候」、最近いただくお手紙や案内状はこの言葉で始まるものが多いですね。まさに秋たけなわ、今頃のカナダは一山真っ赤に燃えているように見えるのかなと想像しています。 カナダの国旗 カナダの国旗はサトウカエデ(英語: S […]
no image
夜ですのでお店の感じが判りにくくて恐縮ですが、この写真は9月27日にロシアのウラジオストクで撮影した、日本料理店の電飾です。 お店の名前は、「トーチカ・スシ」、ま、直訳すれば「寿司の拠点」、意訳すれば「寿司どころ」でしょ […]
no image
1960年以来のアメリカ合衆国の国旗。50星の「星条旗」。 既に54年間米国旗が変わらないのは「最長不倒」。 オバマ大統領が予想以上を票差で共和党のロムニー候補を破り、第45代大統領に就任することになった。最後に開票結果 […]
no image
スペインは17の州と2つの自治都市から成る王国。国旗は国土(黄色)を血(赤)で守りぬくという決意を表わすとされる。 1981年に改訂された、現在のスペイン国旗 この国が王国であることを紋章の上の王冠が示している。国章の両 […]
no image
アメリカはネヴァダ州ラスヴェガスで10月に出会った理髪店、床屋(とこや)さん。日本と同じサインポール(床屋=理髪店の標識・3色ポール)が回っていました。 「サインポール」について私はフランスの国旗(「トリコロール」)か、 […]
no image
オバマ大統領がロムニー候補に、想定を大きく上回る差をつけて再選された。一般投票でも選挙人の数でも勝利した。 勝利宣言するオバマ大統領(NHK総合テレビより) これにより、 アメリカは白人圧倒的有利という社会事情の転換が確 […]
no image
中華人民共和国(中国)の国旗「五星紅旗」 中国の国旗を考案した曾聯松の銅像(上海市嘉定長安墓園) 曾聯松が考案した中国国旗の原案大きな星の中に、当時のソ連国旗の鎌と槌が描かれていた。 中国の国旗「五星紅旗」、1949年7 […]
no image
アラスカ州旗 JR九州が来年10月15日から運行する豪華寝台列車「ななつ星 in 九州」の初便で、最も高価な1室に約60件の申し込みがあったと発表した。2人利用で110万円。節約志向が根強い中でも、関心の高さをうかがわせ […]
no image
国旗は上から、ブラジル、オーストラリア、ポルトガル。 拙著『世界の国旗(最新版)』(学習研究社)より。 ブラジルとオーストラリアの国旗の南十字星では、星の配置が違う。上の図で一目瞭然だ。 つまり、小さな星(3.6等星)の […]
no image
11月4日からラオスの首都ビエンチャンで、ASEM(アジア・ヨーロッパ会合)が開催されています。政局多端の中、野田首相も政府専用機で駆けつけました。 これは今朝、5日付の産経新聞。ピッカピカの床に参加各国旗が映っています […]
no image
世田谷区深沢の観世元信(1931~)邸には祭日にはいつも国旗が掲げられる。いわずとしれた能楽師で、能楽観世流囃子方大鼓方十六世宗家である。実にさわやかで、風格がある門前という印象だ。 ご注目いただきたいのは旗竿の基点とな […]
メニュー