国旗についての物語
no image
1921年、ガンジーは、インド国民会議に対して、スワラジの象徴として最初の旗のデザインを提案した。それは白・緑・赤の横三色旗の中央に、スワラジ、スワデシの象徴である糸紡車を配したものであった。地色である横三色旗はまさにブ […]
no image
ガンジーはヒンズー・イスラム両教徒の融和によるインドとしての独立をめざして献身した。 1947年から現在に至るインドの国旗 最晩年の1946年には、現在はバングラデシュとなっている、ノアカリ県に約半年滞在した。インド亜大 […]
no image
4月22日、靖国神社春の例大祭に出席し、参拝してきた。結構寒かったが、荘厳で厳粛な式典に身の引き締まる思いがした。 久々に遊就館をゆっくり見学した。なかなか立派なミュージアムになっていると、行くたびに感心するが、依然、と […]
no image
ウォールストリート・ジャーナル誌が日本の一部にある人種差別(レイシズム)的で敵対的な色彩の濃いデモを報じている。かなり長い記事(以下に一部を転載)だが、読んでいて嫌悪感に襲われた。 日本国旗を掲げ、在日コリアンに対する抗 […]
no image
1997年に香港が英国から中国に返還され、それまでの香港の旗と英国旗「ユニオン・ジャック」が引き降ろされ、新しい香港の旗と中国の国旗「五星紅旗」が交代した。 しかし、「一国二制度」を50年間は続けるということになっている […]
no image
日本の国旗 共同通信が伝えるところによれば、日本、WHO統計で依然、長寿で世界のトップを維持しているそうだ。以下の3カ国が同一の数字で首位、さて? 左がスイスの国旗なのはチョコレートでおなじみ、右は? イタリア北東部の山 […]
no image
調べ物をしていたら、1973(昭和48)年1月に発行された週刊サンケイ緊急増刊「全記録 ベトナム戦争30年 B52・ミグ戦闘機から拳銃・小銃まで」が書庫から出てきた。写真説明として「北ベトナムの民族衣装であるアオザイ。ベ […]
no image
国旗の星について、色で分類するなら以下のようになる。アメリカ、ブラジルがともに青字に白い星を多数並べたものであること、オーストラリアほかの太平洋諸国の国旗には同じく青地(太平洋)に白い星(島)という国旗が多いといった特徴 […]
no image
つまらぬことにいいがかりを付けるというのは、不良少年がよくやること。 長嶋・松井の国民栄誉賞受賞を讃える始球式で、(なぜか巨人軍のユニフォームを着て)主審役に立った安倍首相が96番の背番号を背負っていました。これはどう首 […]
no image
ウズベキスタンの国旗。12の星は完全性の象徴 クック諸島の国旗。15個の星が全て円の外を向いている。 星はこの国を構成する15の島を表し、青地は太平洋を表す。 ブラジルの国旗。 連邦を構成する26州と1連邦直轄区(首都・ […]
no image
南アフリカの国旗。 赤は過去の対立の中で流された血と伝えられている。 産経新聞の坂本鉄男ローマ特派員が「外信コラム」に時々書く記事は、ソウルの黒田、ロンドンの内藤両特派員のコラムともども、内容が豊かで示唆に富むものであり […]
no image
4月29日、モスクワを訪問した安倍晋三首相を昼食会に招いたプーチン大統領は、安倍首相に1855年のワインを贈り、安倍首相はスポーツ愛好者の同大統領にスキー板を贈った。 共同記者会見をする安倍、プーチン両首脳(4月29日、 […]
メニュー