国旗についての物語
no image
アリ・アブドラ・サレハ氏は、旧北イエメン共和国(イエメン・アラブ共和国)の陸軍総司令官を経て北イエメン共和国大統領となり、 1990年の南北イエメン統合にともない、初代大統領に就任した。その結果、北イエメン時代を含めれば […]
no image
「赤の広場」(ロシア語:Красная площадьクラースナヤ・プローシシャチ)は、モスクワの中心部にある長さ695m、平均幅は130m、面積は73,000㎡。冷戦期にドイツの青年が小型機とはいえ着陸できたほどの広さ […]
no image
地上でただ広げただけの旗なら、一番大きいのという確かな情報は、1992年のバルセロナ五輪開会式で、75×105mの五輪旗がフィールドに並ぶ全参加選手の頭上に掲げられたのが最大ではないかとも思う。残念ながら、PCで探しても […]
no image
タジキスタンの国旗 まもなく始まるワールドシリーズでは、今年もきっと試合前巨大な「星条旗」がグラウンド前に持ち出され、国歌「星条旗」のソロが響く。ただ、私の記憶ではそんな大きな旗が持ち出されるようになったのは、同時多発テ […]
no image
恥ずかしながら知らなかった。わが郷里・秋田県に、元禄2(1689)年創業の日の丸醸造株式会社があることを。もとい、私が郷里にいたのは18歳まで。いかに酒などに目もくれない(今とはまったく違う)「立派な青年」としての日々で […]
no image
カナダの国旗「maple leaf flag」。 両脇の赤は 太平洋と大西洋、白は雪を表す。メイプルリーフの12本のとげは10州と2準州とを意味している。東京五輪の直後に制定されたが、当時は13番目にあたるヌナブト準州は […]
no image
パラグアイの国旗が一部変更になりました。 この国旗は赤白青の横三色旗です。そのままではオランダと見分けがつきません。ですから、パラグアイの国旗の中央には必ず紋章が付くのですが、これが表は星を真ん中にスペイン語でパラグアイ […]
no image
アフリカで最も面積の少ない国がガンビアである。わが故郷・秋田県よりわずかに小さい約1.1万平方キロの面積に、秋田県(102万)より6割以上多い180万人ほどが暮らす。しかし、一人当たりの国内総生産はわずかに617ドル(2 […]
no image
1964年の東京オリンピックの直後、65年2月15日に全面改訂され、現在に至るカナダの国旗。 中央はシュガーメープル(サトウカエデ)の葉。両脇の赤は太平洋と大西洋。白は雪を表す。 肺炎をやりました。連日、近くのクリニック […]
no image
久保田美千代さんのHPからです。アタテュルク廟は、トルコ共和国初代大統領で「国父」と崇められるムスタファ・ケマル・アタテュルクの霊廟。トルコ語ではアヌトゥカビル(Anıtkabir)と呼ばれます。 場所は、トルコの首都ア […]
no image
難民を助ける会(ちなみに愚妻は会長、私は特別顧問)の宮崎淳くんがトルコでなくなってから約2年、このほど、イスタンブールの一角に、その名を冠した公園ができ、10月5日、現地の要人と福田啓二イスタンブール日本総領事などが参加 […]
no image
難民を助ける会(柳瀬房子会長)主催のミャンマーでの地雷撤去と被害者支援活動の報告会が10月4日夜、日比谷のプレスセンターで開催された。この日の報告者は、市民マラソンのリーダー谷川真理さん(同会理事)と同会のミャンマー駐在 […]
メニュー