国旗についての物語
no image
孫 文圭朝鮮大学校教授の講演録を続ける。 北朝鮮の国旗 禁止命令の違法性 禁止命令が実行されるなかで、たくさんの問題点が提起されています。例えば、京都米軍政部より命令を受けた現地の日本関係者は、これは法的に疑わしいという […]
no image
孫 文圭朝鮮大学校教授の講演録を続ける。 北朝鮮の国旗 慶祝代表団の派遣 次に、こうした慶祝運動のなかでもう1つ大きな特徴が、共和国創建慶祝代表団をピョンヤンへ送る運動も盛り上がっていきました。これは136回中央常任委員 […]
no image
ネットで北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の国旗について調べていたところ、戦後すぐ(建国直後)の北朝鮮旗の扱いについて、他では聞けない講演の記録がありましたので、そのほとんど全文を転載させていただき、学術研究の用に供したい […]
no image
社会福祉法人さぽうと21の理事長として、先日、南相馬市、相馬市、飯舘村、福島市を、バイオリニストの天満敦子さん、ピアニストの吉武雅子さんらと周りました。 その中で訪れた相馬市立中村第2小学校、熱心に国際理解教育に努めてい […]
no image
もしかして来場所は…。モンゴルの国旗。 ソ連邦崩壊直後の1992年2月、それまでの国旗から左上にあった黄色い星(社会主義国のシンボル)を取った。 ここ数日の大相撲がめちゃ面白い。いつもながらの稀勢の里の「いざというとき」 […]
no image
確かに以前に比べ日常生活で「日の丸」はあまり見られなくなったが、非日常での「日の丸」はむしろ頻繁に見られるようになったように思う。オリンピックやパラリンピックの開閉会式や競技場、スポーツの国際試合での「日の丸」のフェイス […]
no image
齢73ともなると、時々、悪夢にうなされる。今朝もこんな夢を見てしまった。どこかの国の暴論にうなされていたのだったかもしれない。 立派な国旗を掲げている大韓民国であり、伝統的な徳性、勤勉さで国づくりをし、自由陣営の最前線に […]
no image
昨年9月8日午後3時56分に撮影した、東京のホテル・ニューオータニ正面玄関上の迎賓用国旗です。きっと、大事なお客さまが、これらの5カ国から宿泊しているということなのでしょう。 ところで、この5つの国旗、どこの国の旗でしょ […]
no image
南太平洋のノーフォーク島の旗についていろいろ書きましたが、国旗の真ん中に樹木、というとレバノン杉を描いたあのレバノンの国旗を思い起こすほかありません。松のノーフォークと杉のレバノン、一緒に覚えましょう。 レバノンの国旗 […]
no image
前回紹介した『Flaggenlexikon(Ralf Stelter著)』の表紙の真ん中に出てくる旗。 前回の設問への答えです。ノーフォーク島の旗です。 ノーフォーク島の北部は標高の低い山地で最高地点はベイツ山(318m […]
no image
千葉のT先生、いつも小欄をご愛読いただきありがとうございます。こんな質問をいただきました。 「旅、族、旋などが、旗と同じ文字から派生しているということを教えていただき、とても興味を持ちました。では、<遊>という字はどう説 […]
no image
昨年8月に久しぶりに北イタリアを訪ねた。そこで見た樹木といえば、糸杉、オリーブ、月桂樹に尽きるといってもいいほどこの3つが競っている。 特に、今回、宿泊する機会のあったアーゾロ郊外の丘にあるヴィッラ・チプリアーニ(ホテル […]
メニュー