国旗についての物語
no image
チベットは本来、アジアの1つの独立国です。 1912年、青木文教らによってデザインされ、ダライラマ12世により採択されたチベットの「国旗」 青木の『祕密之國 西藏遊記]』(内外出版、1920年)に事情が記されています。 […]
no image
Q:まずは前回の約束に従って… 吹浦:コンドルの話ですね。プロ野球ヤクルト・スワローズの話です。このチームは、かの金田正一、といっても若い人はご存知ない!? あのミスター・ジャイアンツ長嶋茂雄のデビュー戦で長嶋を4打席4 […]
no image
エクアドルの国旗 エクアドルの国章 吹浦:考えようによっては世界一高い山はエクアドルのチンボラソ山なんだ。アンデス山中にある海抜6,310mの火山だよ。 Q:でも、8,850mあるというエベレストより大分低いですね。 吹 […]
no image
チベットの国旗 吹浦:世界で一番高い山って? Q:エベレストです。 吹浦:チベット語ではチョモランマ、ネパール語ではサガルマータって言うんだ。 Q:8,848m。 吹浦:それが最近、8,850mになったんだ。 Q:噴火で […]
no image
津山藩が生んだ稀代の学者・宇田川榕菴について、日本で最初にカード(トランプ)を描き、遊んだ人と書いたところ、茨城県の高校生S君から、「トランプのK、Q、Jのモデルはいるのか」という質問が来ました。「これがきになっておちお […]
no image
アラビア半島南端の国、国際テロ組織アルカーイダの指導者だったウサマ・ビン・ラーディンの父親の出身地イエメンの不安定な国内情勢についての話です。 北イエメンは1918年、第一次世界大戦でオスマントルコが敗れて、帝国が崩壊し […]
no image
イギリスの国旗 ロンドン五輪のマラソンに出場する日本人選手6人が決まりました。公正な審査の結果だろうけれど、「公務員さん」が希望の星だっただけに残念ではあります。世界各地で多くの難問が派生しているさなかに行われるこの大会 […]
no image
長崎に出向いて確認 付箋を付けてどこで図柄の情報を確認したかをかなり細かく書いているのも特徴です。もっともこれは著者が書いたものなのか、これを所持して使用していた人のものか必ずしもはっきりしていません。「ロシア始ノ四圖ハ […]
no image
松浦静山(まつらせいざん。本名は清。静山は号。1760~1841)が「魯西亜(ロシア)漂舶幟并(ならびに)和蘭(オランダ)軍船用法大略」として随筆集『甲子夜話』に記述をしたのは1821年のことです。ロシアの国旗や海軍旗、 […]
メニュー