国旗についての物語
「日本国」タグの記事一覧
no image
そこまでと同じくらいの距離を進んだところに鳥島がある。話題の尖閣諸島の北小島、南尾島とこの鳥島にだけ、アホウドリがベーリング海方面から冬季に飛来して、自然繁殖している。 アホウドリ 鳥島はまた、ジョン万次郎たちが遭難し、 […]
no image
ジョン万次郎について書いた機会に、小笠原諸島の位置と歴史について触れておきたい。 小笠原諸島は伊豆諸島の南に並ぶ島々。最南端は硫黄島を経、さらに南西に寄った沖の鳥島(北緯20度25分)、最東端は南鳥島(マーカス島、統計1 […]
no image
中濱 萬次郎(ジョン万次郎、1827~98)は 日本人で初めて鉄道や蒸気船に乗った人、 日本人で初めて近代式捕鯨に携わった人、 日本人で初めてネクタイをした人、 日本に初めて『ABCの歌』を紹介した人、 日本人で初めて男 […]
no image
この夏、偶然、飲んだ清涼飲料水。オレンジとグレープフルーツとブドウが混じったものだとか。なかなかいけるんです、これ。お奨めです。 このようにBorn in Franceとありますから、フランスの果実なのでしょうね。そして […]
no image
明治4年7月14日(1871年8月29日)、廃藩置県が行われ、日本の国家構造が一気に刷新されました。明治政府がそれまでの藩を廃止して地方統治を中央管下の府と県に一元化するとした抜本的行政改革です。そしてこの廃藩置県があっ […]
no image
日本の国旗 日本の国旗「日の丸(日章旗)」が何を象徴しているかについては、別に法律で決まっているわけではありません。なんとなく日の出の時の太陽、昇る太陽とみんなが思いつつ、誰も特に異を唱えずに、納得している様子です。でも […]
no image
外務省のHPというのをあまり高い評価をして興味深く読んだことはないのですが、「ODAちょっといい話」はいつもなかなか感心だなぁと眺めています。 そんな1つがこれ、<「日の丸」で命びろいした話>です。「稀有な運命で救われた […]
no image
67回目を迎えた全国戦没者追悼式が8月15日、日本武道館で挙行された。先の大戦で亡くなられた約310万人を偲び、世界の平和とわが国の発展を祈念する国の行事です。 祭壇正面には今も当時も変わることなき国旗「日の丸」が堂々と […]
no image
日本の国旗 石原都知事による尖閣諸島の購入計画の発表、香港の民間活動家たちの魚釣島上陸と、ここのところ、尖閣諸島をめぐる報道が続いている。 個人的には、所有者が都に無償で寄贈し、都はこれまでの募金を全額所有者に寄付するの […]
no image
円の中心をヨコの100分の1だけずらした「日の丸」 「日の丸」の円は国旗のまん中にありますか? あらたまってこうきかれると、「えっ!?」となりませんか? 実は、必ずしもそうとは言えない時代があったのです。1870年、明治 […]
no image
私は国歌の専門家ではありません。ですから、以下は、素人の書生論と思って、国旗の話の付録としてお読みください。 「君が代」については、日本国憲法で日本と日本国民統合の象徴と規定されている天皇、すなわち日本国が永遠に続いてほ […]
メニュー