国旗についての物語
「モザンビーク共和国」タグの記事一覧
no image
昨年末、亡くなったロシアのミハイル・カタシニコフ氏が、ロシア正教のキリル総主教に懺悔ともいうべき書簡を送っていたことが、2014年1月13日に、ロシア紙イズベスチアが報じている。 モザンビークの国旗 ハイチの国旗 ハイチ […]
no image
合掌。読売新聞11月30日付電子版が、ロイター通信を引き、以下の航空機事故を報じている。 アフリカ南部ナミビア北東部で29日、モザンビーク航空の旅客機が墜落し、乗員・乗客34人全員が死亡した。 原因は不明。同機は29日午 […]
no image
小型武器を国旗に描いているのは、短剣カンジャルと2本の太刀(たち)を描いたオマーン、AK47という自動小銃を描いたモザンビーク、独立した19世紀の初め頃の銃や大砲を描いたハイチとボリビアです。 またバルバドスはギリシャ神 […]
no image
大河ドラマ「八重の桜」はなかなか評判がいいようだ。NHKのある局長さんから送られてきたはがきも綾瀬はるかが、洋式銃を持ち、剣を挿したこの勇ましい?PR絵葉書だった。ちょうど小欄を執筆中だったので、銃を見て思わず、3つの国 […]
no image
イギリスの国旗 日本の国旗 モザンビークの首都はマプート。ポルトガルの植民地時代はロレンソマルケスという名で、アフリカ有数の良港とされていました。古色蒼然とはしていましたが、伝統あるこの町一番のホテルに泊まり、インド洋か […]
no image
AK47 Ⅱ型銃 5年ほど前のことです。AK47と言うと、「アコー47士? それって赤穂の敵討ちの話でしょ?」という、信じられないような私の友人がいました(年齢、性別はマル秘)。でも、これはほんとにあった話。このごろはA […]
メニュー