国旗についての物語
「ポルトガル共和国」タグの記事一覧
no image
郵政省前の天球儀ポスト。向かい側、国旗を掲揚しているところが、文部科学省 東京虎の門・文部科学省の向い、日本郵便株式会社(旧・郵政公社、郵政省)玄関前には天球儀が設置されており、暗くなると仲で点灯し、星が浮き出すようにな […]
no image
映画「天地明察」撮影用に製作された天球儀(右)と地球儀 映画「天地明察」のプログラムから 天球儀は、宇宙からみた天空の様子を描いたもので、星座の組み合わせや動きを判断して、円滑な航海と安全を図る道具。紀元前255年に古代 […]
no image
天球儀を描いたポルトガルの国旗 天球儀から星座を採ったブラジルの国旗 映画「天地明察」を見ました。「天地明察」の主人公である囲碁師であり、大和暦を考案した安井算哲(=渋川春海。岡田准一)、浅学菲才の私はこの人が1639年 […]
no image
ポルトガルのアジアへの進出について触れたいと思います。ポルトガルの世界的発展を論ずるには、日本について落とすわけには参りません。 2005年の愛知万博でポルトガル館に展示された火縄銃 1543年9月、種子島の西之浦湾に漂 […]
no image
ポルトガルの国旗。 15世紀、ポルトガルの王室は大西洋に果敢に船を出しました。その結果、バルトロメウ・ディアス(1450頃~1500)は1488年5月、喜望峰に到達し、ヴァスコ・ダ・ガマ(1469~1524)をヴェルデ岬 […]
メニュー