国旗についての物語
「ブラジル連邦共和国」タグの記事一覧
no image
清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき 与謝野晶子 ブラジルのスタジアムよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき 逸  名 国旗は民族主義の象徴ではなく、愛国心と国際的友好の象徴です。民族主義はnation […]
no image
W杯ブラジル大会準々決勝ブラジル対コロンビアは2-1で開催国ブラジルの勝利となったが、背番号10を背負ったブラジルのエースのネイマールが、終了間際にコロンビアの選手に接触され、転倒、背中の骨を負う重傷で担ぎ出された。今大 […]
no image
ブラジルの国旗の中央の国章は、南十字星を中心に27個の星から成り、首都ブラジリアと州の数を表わしている。 現在の国旗はママパ、トカンティンス、ロライマ、ロンドーニアの4州の成立により、1992年5月に変更された。1962 […]
no image
いやぁ、いい試合でしたね。W杯の緒戦、開催国ブラジルと強豪クロアチア。オウンゴールでクロアチアが先制したときは今回のW杯は大混乱になるかと興奮しました。 少し落ち着いた今、国旗の話をしましょうね。 ブラジルの国旗 クロア […]
no image
6月6日の各紙の広告に出ている小学館文庫『100回泣くこと』の宣伝文句は「発売から7年、世代を超えて涙した奇跡のロングセラー、ついに映画化! 幸せの連続線はこのままどこまでも続くんだ、と思っていた」。うまいなぁと嘆息した […]
no image
ウズベキスタンの国旗。12の星は完全性の象徴 クック諸島の国旗。15個の星が全て円の外を向いている。 星はこの国を構成する15の島を表し、青地は太平洋を表す。 ブラジルの国旗。 連邦を構成する26州と1連邦直轄区(首都・ […]
no image
5月12日から両国国技館で大相撲夏場所が始まる。ここ数場所「限界か」といわれる成績でありながら先場所優勝の白鵬が連勝できるか、逆に、先場所ふるわなく協会から注意まで受けた日馬富士が復活するか、稀勢の里、琴奨菊以下日本人力 […]
no image
郵政省前の天球儀ポスト。向かい側、国旗を掲揚しているところが、文部科学省 東京虎の門・文部科学省の向い、日本郵便株式会社(旧・郵政公社、郵政省)玄関前には天球儀が設置されており、暗くなると仲で点灯し、星が浮き出すようにな […]
no image
映画「天地明察」撮影用に製作された天球儀(右)と地球儀 映画「天地明察」のプログラムから 天球儀は、宇宙からみた天空の様子を描いたもので、星座の組み合わせや動きを判断して、円滑な航海と安全を図る道具。紀元前255年に古代 […]
no image
天球儀を描いたポルトガルの国旗 天球儀から星座を採ったブラジルの国旗 映画「天地明察」を見ました。「天地明察」の主人公である囲碁師であり、大和暦を考案した安井算哲(=渋川春海。岡田准一)、浅学菲才の私はこの人が1639年 […]
no image
「星の数ほど」というのは無数という意味。実際には肉眼で6,000個くらい見えるそうですが、これは基本的に空気がどのくらい澄んでいるか、周囲に証明がないか、そして何よりも個人の視力次第のように思うのですが…。
1 / 212
メニュー