国旗についての物語
「スロベニア共和国」タグの記事一覧
no image
都立駒沢公園は1964年の東京オリンピックでもバレーボールやレスリングの会場になったところですが、今年はそこにゴルフ場ができてから100周年、ゴルフをしない私でもなんとなくここがゴルフ場ならさぞ便利だったんだろうなとは思 […]
no image
ここでスロバキアの国旗についても触れておきたい。 1992年9月3日にスラブの盟主ロシアの国旗に紋章を付けたデザイン。 スロバキアの国旗 国章の複十字はビザンチン正教会のシンボル。三つの山形は実在する三つの丘であるタトラ […]
no image
岡倉天心は「アジアは一つなり」と喝破したが、私は昔から「さにあらず。アジアは一つひとつなり」と思ってきた。みなさんはどう思われますか? 国旗で言うならアジアの国々では「バングラデシュ以東の国旗には必ず赤が入る」「タイ以東 […]
no image
ロシア国民学派の作曲家であり「五人組」の一人であるリムスキー=コルサコフは海軍軍人出身の作曲家。この姓の原意は「ローマ人コルサコフ」。ロシア人が東ローマ帝国の文明的継承国である思いが血筋以上にロシア人の中にはあることを思 […]
山を描いた国旗⑤ スロバキアの3つの丘
スロバキアとスロベニアは国名も紛らわしいですが、国旗もよく似ています。国章を除くとともにロシアの国旗と全く同じデザインとなり、また、国章を付してもなお、両国旗は似ているため、スロバキアは1992年の憲法で大きめの国章にし […]
山を描いた国旗② スロベニアのトリグラウ山
ロシア国民楽派代表する作曲家リムスキー=コルサコフ。その歌劇『ムラダ』には「トリグラウ山の一夜」という交響詩がある。このトリグラウ山がスロベニアの象徴として同国の国旗や国章に描かれているのだ。 スロベニアの国旗。 トリグ […]
no image
スロバキアの国旗 スロベニアの国旗 1980年代に東欧に巻き起こった民主化の動きの中、共産党が急速に退潮、チェコスロバキア共和国は1990年3月に「チェコ及びスロバキア連邦共和国」となった。 しかし、両者の分離傾向はさら […]
no image
「星の数ほど」というのは無数という意味。実際には肉眼で6,000個くらい見えるそうですが、これは基本的に空気がどのくらい澄んでいるか、周囲に証明がないか、そして何よりも個人の視力次第のように思うのですが…。
no image
1945年に制定されたユーゴスラビアの国旗。 91年の連邦崩壊で廃止された。 白赤のチェックはシャホブニツァ(Šahovnica)と呼ばれている。紋章は左から、中央クロアチア、ドゥブロブニク、ダルマチア、イストラ、スラボ […]
メニュー