国旗についての物語
「カナダ」タグの記事一覧
no image
高橋敬子さんからお土産にいただいた「シルバー・ファーン」をデザインした旗。 国旗となる場合は下段の国名表示は消えるであろう。 白人と先住民族であるマオリ族との融和と協力を表したNZの国章。 最花壇の2つの緑の葉が「シルバ […]
no image
カナダのアレックス・ビロドー選手が男子フリースタイル・モーグルで五輪2連覇を成し遂げた。なんという滑りのすごさ、空中での回転、スピード、飛形の美しさ。 テレビで見ていると、応援席でカエデの国旗が踊っていた。そこに1枚、青 […]
no image
何度も小欄でNHKが各時代の各国旗についてミスを犯してきたことを紹介してきました。大好評の「あまちゃん」の最終回でも旧ソ連国旗が出てくるという変なことがありましたし、ケネディ大統領の関連番組でも予告編で「星条旗」の掲げ方 […]
no image
10月初めになって、パラグアイの国旗が7月15日に変わっていたことを確認できた。もし、これが1964年の東京五輪(10月10日が開会式)の時だったら、組織委で国旗を担当していた者として、どうしていただろうかと思うくらい、 […]
no image
このごろの新聞広告は、安売りの旅行と健康食品で氾濫している。もはや企業のステイタスとしてのイメージ広告など望むべくもないのか。 カナダの国旗「maple leaf flag」。 1964年東京オリンピック直後に、英仏系の […]
no image
カナダの国旗「maple leaf flag」。 両脇の赤は 太平洋と大西洋、白は雪を表す。メイプルリーフの12本のとげは10州と2準州とを意味している。東京五輪の直後に制定されたが、当時は13番目にあたるヌナブト準州は […]
no image
1964年の東京オリンピックの直後、65年2月15日に全面改訂され、現在に至るカナダの国旗。 中央はシュガーメープル(サトウカエデ)の葉。両脇の赤は太平洋と大西洋。白は雪を表す。 肺炎をやりました。連日、近くのクリニック […]
no image
産経新聞7月11日の黒沢潤特派員のコラム「I ♡ New York」に、フランス系カナダ人とフランス本国のフランス人の微妙な関係について、「フランス、フクザツ」と題した記事が出ている。短い中に優れた分析を織り込んだものと […]
no image
Googleも頑張っています。いつも世話になっているGoogleはときどき面白いdoodle(化粧板?)を掲載します。7月1日は「カナダの日」。カナダでは英仏両語が公用語ですから、英語でCanada Day、フランス語で […]
no image
日本の晩秋、きょうはことのほか寒かった。これで秋も終わりかと思うと、もう一度、カナダの国旗のことに触れたくなった。 11月16、17の両日、東日本大震災の被災地・石巻を訪れた。私が理事長を務めている東京コミュニティカレッ […]
no image
日本の国旗 ところで、『万葉集』には4,516首の歌がありますが紅葉を詠んだものはわずか1首です。 あしひきの山のかも浮かび行くらむ山川の瀬に (犬養) これはまるで『紅葉』の曲の1番と2番を一つにしたような歌。これに対 […]
no image
「錦秋の候」、最近いただくお手紙や案内状はこの言葉で始まるものが多いですね。まさに秋たけなわ、今頃のカナダは一山真っ赤に燃えているように見えるのかなと想像しています。 カナダの国旗 カナダの国旗はサトウカエデ(英語: S […]
1 / 212
メニュー