国旗についての物語
「オリンピック」タグの記事一覧
no image
きょう、2015年5月16日付の朝日新聞夕刊に、51年前のオリンピック組織委で国旗の検査をしている写真が出ている。木下、出口、村瀬の3嬢と私(頭のみ)が映っている。 前田記者が先日、拙宅にお越しくださり、長時間取材された […]
no image
クーベルタンが提案したオリンピック・シンボル(五輪旗)が初めて掲揚されたのは、1920年のアントワープ・オリンピックの時。左から青、黄、黒、緑、赤の5つの輪を組み合わせたことにより、世界の五大陸を表わす。 オリンピックシ […]
no image
1964年のオリンピック東京大会でメダルを運ぶお嬢様たち。右端の青い振袖に注目されたい。オリンピックの五輪の輪が青空に飛ぶハトとともに染め抜かれている。 写真は市川昆監督の映画「東京オリンピック」から。 他方、展示されて […]
no image
オリンピズムの目標はスポーツを通じて人類の調和のとれた発達に役立てること、人類の尊厳保持と、平和な社会の実現を目指していくことであるのは周知のことである。 オリンピックシンボル 招致決定から丸一年、次の東京オリンピックを […]
no image
1964年の東京オリンピックの開会式には94の国と地域が参加した。組織委の『公式報告書』には、冒頭、開会式で行進したプラカード(国名を記載)と旗手、役員・選手がカラー印刷で紹介されている。 5月7日、国立競技場の見学ツア […]
no image
1964(昭和39)年9月7日、オリンピック東京大会のための聖火が沖縄・那覇飛行場に到着。第1ランナーの琉球大学4年生・宮城 勇(22、現・沖縄国際大学教授)や戦災遺児ランナーの金城安秀などが走った。 当時の沖縄では、「 […]
no image
都庁第1庁舎は玄関ロビーからオリンピック一色 都庁第一庁舎の14、15の両階に組織委はある。 2020 TOKYOの組織委員会に初めて伺いました。雑賀(さいか) 真 事務次長に表敬し、忰田(かせだ)学大会準備部運営第2日 […]
no image
二人の女性の胸にご注目いただきたい。こういうことには日ごろ口うるさい?愚妻、もとい愛妻も、そこに国旗があれば別。旗とはありがたきもの。 カーリングで検討した小笠原 歩選手。日本選手団の旗手でもあった。 同じく苫米地美智子 […]
no image
中央に立つ4本の国旗掲揚塔には左から、五輪、ロシアの国旗が見られるが、このあと、ギリシャと韓国の国旗が掲揚された。 ロシア南部のソチで行われた第22回冬季オリンピック大会閉会式が2月23日に行われた。閉会式ではことのほか […]
no image
ソチでの冬季五輪が終わった。羽生の金はもちろんすばらしかったし、次回以降にも期待するが、真央ちゃんの失敗から立ち上がっての迫真の演技と、そして涙もすばらしかった。さらに、あれほど強かった沙羅ちゃんがメダルを獲れなかった若 […]
no image
女子フィギュアでキムヨナや浅田真央らを破り優勝したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)選手。「逆転はできると思っていた。ソチで勝つことは夢だったので幸せ。あしたメダルを受け取って、それが現実になる。ロシアにすてきな贈り物ができ […]
no image
冬季五輪の開会式といえば、1998年2月7日の長野五輪を思い出す。私は組織委の式典担当顧問として、式場にいた。参加国の国旗を正しく製作・発注し、逆掲揚など一度もなくすることに努めたのはもちろん、地雷廃絶で、直前にノーベル […]
1 / 41234
メニュー