国旗についての物語
「ウルグアイ東方共和国」タグの記事一覧
no image
19世紀の初頭、ナポレオン・ボナパルトはスペインと同盟を結んだ。このため敵対するイギリスは海軍力を活用してラ・プラタ川周辺地方の獲得を狙い、1806年に今のアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに侵攻、同年、今のウルグアイの […]
no image
清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき 与謝野晶子 ブラジルのスタジアムよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき 逸  名 国旗は民族主義の象徴ではなく、愛国心と国際的友好の象徴です。民族主義はnation […]
no image
おなじみ?の家電量販店コジマのマーク、私ははめったに行かないのにマークだけはしっかりと覚えている。「太陽に顔」、世界の意国旗にも出てきます。アルゼンチンとウルグアイの国旗、そして、よく見るとエクアドルの国旗の中央にある国 […]
no image
11月13日、石原慎太郎前と知事を党首に太陽党が発足しました。これで国会議員を擁している党はいくつになったんでしょう。そして3ヵ月後にはいくつになるのでしょう。 党名は作家としての石原さんの出世作『太陽の季節』から来てい […]
no image
日本の国旗は「日の丸」「日章旗」ですが、太陽はもちろん、日本人だけのものではなく、洋の東西、時代を問わず、生命の根幹として広く崇められ、讃えられてきました。 たとえば… 『太陽がいっぱい』(仏:Plein soleil) […]
no image
イギリスの国旗 アルゼンチンの国旗 1982年のフォークランド紛争で敵対したイギリスとアルゼンチンは浅からぬ縁があるのです。ご存じのとおり、英国は世界最大、最強の帝国主義的侵略国家として「太陽の沈むところなき海洋国家」だ […]
メニュー