国旗についての物語
「アルゼンチン共和国」タグの記事一覧
no image
19世紀の初頭、ナポレオン・ボナパルトはスペインと同盟を結んだ。このため敵対するイギリスは海軍力を活用してラ・プラタ川周辺地方の獲得を狙い、1806年に今のアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに侵攻、同年、今のウルグアイの […]
no image
清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき 与謝野晶子 ブラジルのスタジアムよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人 みな美しき 逸  名 国旗は民族主義の象徴ではなく、愛国心と国際的友好の象徴です。民族主義はnation […]
no image
おなじみ?の家電量販店コジマのマーク、私ははめったに行かないのにマークだけはしっかりと覚えている。「太陽に顔」、世界の意国旗にも出てきます。アルゼンチンとウルグアイの国旗、そして、よく見るとエクアドルの国旗の中央にある国 […]
no image
河野千鶴子さん(66)がヒマラヤのダウラギリ(8167m)で行方不明になったことは先に触れた。その河野さんは7大陸最高峰を征服した登山家である。 「南クリル地区」の旗。爺爺岳(1822m)からの日の出と鮭、漁網 しかし、 […]
フォークランドで住民投票
英国とアルゼンチンが領有権を争う英領フォークランド(スペイン語名マルビナス)諸島で3月11日、同諸島の帰属を問う初の住民投票の開票が行われ、99.8%が英領のままがいいという選択をした。投票率92%だった。イギリス政府は […]
no image
ベネディクト16世の生前退位(約600年ぶり)によるコンクラーベ(法王選出会議)は5回目の投票でアルゼンチン出身(イタリア系移民)のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿(76)を、第266代法王(教皇)に選出し、新法王はフラ […]
no image
11月13日、石原慎太郎前と知事を党首に太陽党が発足しました。これで国会議員を擁している党はいくつになったんでしょう。そして3ヵ月後にはいくつになるのでしょう。 党名は作家としての石原さんの出世作『太陽の季節』から来てい […]
no image
フォークランド戦争といっても、平成生まればかりの学生にしてみれば、私に満州事変の話をするようなもので、なかなかぴんと来ない様子。 1982年3月19日にアルゼンチンに近い南大西洋の英領フォークランドに「解体業者」を装った […]
no image
イギリスの国旗 アルゼンチンの国旗 1982年のフォークランド紛争で敵対したイギリスとアルゼンチンは浅からぬ縁があるのです。ご存じのとおり、英国は世界最大、最強の帝国主義的侵略国家として「太陽の沈むところなき海洋国家」だ […]
no image
イギリスの国旗 アルゼンチンの国旗 フォークランド諸島周辺の海産物は昔から豊富なうえ、最近では海底油田の試掘権収入が富をもたらしています。両国は95年、その共同開発で一時合意したのですが、ナショナリズムの高まりを受け、2 […]
no image
アルゼンチンの国旗 英領フォークランド(アルゼンチンではマルビナス)諸島に、領有権を主張するアルゼンチンが軍を進めてから去る4月2日で満30年になりました。 アルゼンチンといえば、南緯を思い浮かべますか? 南北アメリカ、 […]
メニュー