国旗についての物語
「アメリカ合衆国」タグの記事一覧
no image
アメリカ合衆国 中華人民共和国 野田首相は「島サミット」終了後の記者会見で「この地域で特段の紛争があるということではないので、特定の第三国を念頭においたものではない」と述べましたが、それは言わずもがな、このサミットは日米 […]
no image
コロラド高原の真ん中、北緯37度0分0秒、西経109度3分0秒で、アメリカの4つの州が接しています。この地点を「フォー・コーナーズ four corners」といい、ネイティブ・アメリカン(旧アメリカ・インディアン)のナ […]
no image
フランスの国旗 アメリカの南北戦争(1861~65)の期間にあっては、南軍は11州、北軍を構成する州は開戦当時22州でした。北軍はオレゴンの州昇格に伴う1859年以来の33星の「星条旗」で開戦、その後61年7月4日には「 […]
no image
日本人でも米国人でも先人には、見事な立ち居振る舞いや生き方をする人がさまざまな場面でいたのだなぁと、史書を読んだり、直接、お目にかかったりする機会に感慨にふけることがしばしばあります。ここでは降伏文書に署名した重光葵とマ […]
no image
降伏式に日本側からは、政府を代表して重光葵外相(1987~1957 東條、小磯、東久邇内閣で外相など。極東軍事裁判ではソ連の要求でA級戦犯となり懲役7年の判決。のち改進党総裁、自民党副総裁)が、また、軍を代表して、梅津美 […]
no image
1945年(昭和20年)9月2日、東京湾に浮かぶ米戦艦ミズーリ号の甲板で、降伏文書調印式が行われました。ミズーリ号は全長270メートル、満載排水量5万8千トン。米最後の戦艦と呼ばれ、沖縄戦や朝鮮戦争、ベトナム戦争、さらに […]
no image
1851年7月4日から7年間続いた31星付の「星条旗」。ペリーはこの国旗を掲げて、2度、来航した。 「そんな昔のことを」といわれる方に、自販機でおなじみの 「伊右衛門」のペットボトルを思い出していただきたいのです。 伊藤 […]
no image
「星の数ほど」というのは無数という意味。実際には肉眼で6,000個くらい見えるそうですが、これは基本的に空気がどのくらい澄んでいるか、周囲に証明がないか、そして何よりも個人の視力次第のように思うのですが…。
no image
「世界国旗の歌」の歌詞について、少し解説しましょう。 最初にflag, flag, flag, flag, flag, …と出てきます。これは「旗、旗」という意味です。英語ではほかに、banner, colors, en […]
メニュー