旭日旗を掲げてサッカー日韓戦を応援する人への違和感①

7月28日、ソウルの蚕室球技場で行われたサッカー東アジア杯・日本―韓国戦で、日本のサポーターが旭日旗を掲げたことが、韓国側によると「歴史を忘れる民族に未来はない」と書いた超大型横断幕の掲示になったということだ。


東亞日報が提供したものを朝日新聞が8月1日付で転載したもの。

まず、旗そのものの話からすると、これの旗、戦前は、帝国海軍御国旗と言われたもの。円の中心が旗面の中心から6分の1旗竿側に寄っている。円の大きさは縦の2分の1。1889(明治22)年10月7日公布の海軍旗章条例(明治22年10月7日勅令第101号に基づくものである。戦後は海上自衛隊の旗として受け継がれている。

ちなみに、帝国陸軍御国旗は、日章の中心を旗面の中心に置き、制定は、1870年(明治3年)5月15日、「太政官布告第355号」による。

さて、この旭日旗を掲げた人たち、そしてこれを見た観衆のみなさん。日韓併合時、歴代の朝鮮総督の多くは陸軍軍人だったことはご承知のことと思うが、サッカー場で掲げられたのは旧海軍の旗であり、現在の海上自衛隊の旗であることを、ご承知だったのだろうか。さらには、韓国海軍と自衛隊との合同演習や相互訪問では今でも普通に使われている旗であり、韓国の海軍将兵はこの旗に相応の敬礼をしていることも御承知なのだろうか。

ただ、私個人としては、「日の丸」や旭日旗を掲げるにはTPOがあると思う。ソウルの蚕室(サムシル)球技場で、なにも理屈はどうであれ、韓国人が嫌がるデザインのものを掲げるのは百害あって一利なしではあるまいか。

もちろん、あの大きな横断幕は製作に大変な費用と時間がかかる。したがって、計画的に製作し、主催者をはじめ多くの人の協力で掲示しなくてはできないことだ。他方、旭日旗は、ある個人が持ちこんだものである(詳細は次回に)。既成の海上自衛隊旗(旧軍艦旗)を購入した可能性も高い。

それを同一視したりするほどFIFAの目は節穴ではあるまいが、ここで海上自衛隊旗を振るのはやめるべき行為だと思う。


1870年(明治3年)5月15日、「太政官布告第355号」により制定された「陸軍御国旗(陸軍御國旗)」(十六条旭日旗)。兵部省の考案。日章は旗面の中心。

1889(明治22)年10月7日公布の海軍旗章条例(明治22年)10月7日勅令第101号に基づくものである。戦後は海上自衛隊の旗として受け継がれている。二つの「御国旗」はウィキスペディアから転載したものであり、両者に色調の違いがあるかのような印象だが、これは色について厳格な規定がないことによる。
  • 月うさぎ

    私見ですが、旭日旗を「韓国人が嫌がるデザイン」とするのは語弊があるかと思います。正しくは「韓国の一部の嫌日派が史実を歪めて“嫌がってみせる”ことで日本人に嫌がらせをしている」というものではないでしょうか。日韓併合時代の朝鮮総督府に翻っていたのは旭日旗ではなく日章旗です。韓国の近代化やハングルの普及教育等にも貢献した日韓併合を「屈辱の時代」として許せない気持ちになる一部の韓国の方の心情は理解できます。しかしその恨みは日章旗にこそ向けられるべきではないでしょうか。日本軍は中国清朝の属国だった韓国領内において、その自主独立を目的とした日清戦争前後に旭日旗を用いました。韓国は旭日旗の元に自主独立の国家となり、その後の両国間の政治的な判断により、日章旗の元に日韓併合がなされた。それが史実なのではないでしょうか。韓国の正規軍人が旭日旗に対し相応の敬意を払うのは、そうした史実を正しく理解しているからではないかとも思います。日本人が国旗と同格の旗とする旭日旗に対し、嫌がらせめいた言動を執拗に続ける一部の嫌日派の行為こそ慎むべきものではないでしょうか。世界の国旗の多くに正と負の歴史があります。その歴史の重みを互いに認識しつつ尊重しあい、建設的な両国関係が築かれていくことを願います。

メニュー