あの人、その時の「星条旗」 – 新島 襄②

新島襄がボストンに上陸したのは7月下旬、26日と言われている。ということはネバダの州昇格により、「星条旗」は1865年7月4日から36星になったばかり。

周知のように、南北戦争The Civil Warは19世紀の半ば、アメリカ合衆国に起こった大規模な内戦。奴隷制の存続を主張するアメリカ諸州のうち南部の11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で激闘が行われた戦争。1861年4月12日に開戦し、4年後の65年4月9日に、南軍の降伏を以って幕を閉じた。

その間に北軍が掲げた国旗は、33~35星の「星条旗」、つまり、3代の国旗を掲げたということ。それぞれが2年間、継続した。「たった2年で?」、「いえいえ、どこかの国の首相はここ数年、毎年代わってるじゃないですか」。

そして、南北戦争の終戦直後にボストンに着いた新島襄は、36星の「星条旗」に迎えられたのでした。

33星


オレゴン州の州昇格で33星になった「星条旗」
1859年7月4日~61年7月3日

34星


カンザスの州昇格で34星になった「星条旗」
1861年7月4日~63年7月3日

35星


ウエストバージニアの州昇格で35星になった「星条旗」
1863年7月4日~65年7月3日

36星


ネバダの州昇格で36星になった「星条旗」
1865年7月4日~67年7月3日
メニュー