手塚治虫「火の鳥」のモデルとなった鳥の話

手塚治虫(てづか・おさむ)の漫画に「火の鳥」があります。そのモデルになったのはケツァール。それが国旗に描かれているのは?

グアテマラの国旗です。


グアテマラの国旗

グアテマラの国章

手塚治虫は「鉄腕アトム」でも有名な漫画家で、きっとみなさんの家族には知っている人がいるのではないでしょうか。ケツァールは和名ではカザリキヌバネドリ。とても美しく長い尾を持っています。「捕まれば死ぬ」といわれ、飼育がとても難しいということから「自由の象徴」とされて、グアテマラの国旗に描かれているのです。

ケツァールはグアテマラとその周辺のホンジュラスやニカラグアなど中米諸国の森に生息しています。でも、今はいませんが、数年間には東京の上野動物園で飼育されていました。グアテマラではこの鳥を見る観光ツアーもあり、朝早くバスで首都グアテマラシティの郊外に出かけ、森の中を歩くのです。グアテマラでは貨幣もケツァールという名前です。

メニュー