イギリス新国旗のアイディア – 日本からも応募

䇦国旗「ユニオン・ジャック」はイングランド、スコットランド、アイルランドの国旗の合体であることはよく知られているが、これにはウェールズの要素が入っていないということで、一部に、国旗改訂の意見がある。前回までにそのことについて書いたところ、さらに詳しくという要望が2件ありましたが、私はそれ以上のことを知らないので、ネットでいろいろ探ってみました。以下は、ITメディアのHPからの要旨を転載したものです。

2007年に英国を中心にこの議論は少し盛り上がり、英国の新聞The Daily Telegraph紙が新国旗のアイディアを募集しました。同紙はデイリー・テレグラフ (The Daily Telegraph) は、1855年に創刊されたイギリスの一般紙サイズ最大の発行部数(約70万部)を誇る新聞。日本で言うと読売新聞か。大衆紙とまでは言わないが、高級紙というには少し無理がありそうです。

“新イギリス国旗”、2ちゃんねるデザインが人気

英国の高級紙が「新英国国旗」のデザインを募集。世界からユーモアあふれる投稿が寄せられた。読者投票1位は「日本のアニメにインスパイヤされた」というノルウェー人の作品で、これはどう見ても……。2位は“2ちゃんねる発”だ。


1位に選ばれたノルウェー人の投稿作品

1位の「サングラスドラゴン」。作者は「海賊旗と思わないでほしい。もしこれが国旗に採用されなければ、国家は、将来の宇宙侵略の旗として取っておくかもしれない」などとコメントする

記事は「ちょっととっぴな選択」だと驚く。募集期間の後半に集中的に投票があり、55%と圧倒的多数の得票でトップになった。ノルウェー人の作品だというが、記事によると「日本のアニメにインスパイヤされているデザイン」。確かに、ユニオン・ジャックの中心の竜はどう見てもアニメ「天元突破グレンラガン」。

英国の高級紙「Telegraph」の企画を、日本の2ちゃんねるが盛り上げた!?――TelegraphのWeb版「telegraph.co.uk」が企画した「新英国旗」のデザイン募集に、世界からユニークな投稿が寄せられた。日本からは2ちゃんねらーが“参戦”。2ちゃんねる上で公表されていたデザインが、読者投票で2位に入った。

「まじめな投稿もあったが、下品なものもあり、いくつかは率直に言って、ばかげていた。多くが日本からの投稿で、日本の人気掲示板サイト(2ちゃんねる)で取り上げられて以来、このコンペは日本国民をあげての大熱狂をかきたてた」――12月12日付けの記事「The new face of Britain? Flag poll results」(英国の新しい顔? 国旗の投票結果)は、きついブラックユーモアを交えながらこう伝える。

1位は「グレン団」

今回の企画は、英国労働党のある議員が「英国国旗にウェールズ国旗のデザイン(赤い竜「ウェルシュ・ドラゴン」)も取り入れるべき」などと提案したことがきっかけだ。telegraph.co.ukではこれを受け、新しい英国国旗のデザインをメールで募集。応募作から20種類選び、1週間の読者投票でベスト3を決めた。

1位の「サングラスドラゴン」。作者は「海賊旗と思わないでほしい。もしこれが国旗に採用されなければ、国家は、将来の宇宙侵略の旗として取っておくかもしれない」などとコメントする。

記事によると、ノルウェー人の作者は「この竜のシンボルは『ユニオン!』と叫んでおり、権力と戦っている」などと国旗のデザインらしからぬコメント。記事は「デザイン変更を提案した議員も、これが一番人気になるなんて思わなかっただろう」などと揶揄する。

2位は、この企画について2ch上に立ったスレッドで提案されたデザイン。「ゼロの使い魔」の魔法使いキャラ「ルイズ」が、ウェールズ国旗の竜の上に乗ってユニオンジャックを掲げているというもので、7%の票を獲得した。「このデザインが次点になったことで、日本人による投票の影響があったことは明らかだ」と記事は言う。ルイズのフルネームは「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール」というフランス人名(元ネタはルイ14世の寵姫の名)だったりする。

英国国旗のユニオン・ジャックは、イングランド、スコットランド、アイルランドの国旗のデザインを組み合わせたもの。ユニオン・ジャック制定時に、ウェールズはイングランドに併合されていたため、ウェールズ国旗のデザインは反映されていない。


英国国旗のユニオン・ジャック

ウェールズの国旗

「telegraph.co.uk」では、ウェールズのデザインを取り入れた「新ユニオン・ジャック」のアイデア画像を専用メールアドレスで募集。主に英国内からユーモアあふれるアイデアが寄せられていたが、このアドレスあてに日本から、2chの国旗アイデア画像やスレッドのURLを送付したユーザーがいたもようだ。

「投稿は英国内からが最も多かったが、日本の読者からも『ユニオン・ジャック問題の解決を手助けしたい』という思いもよらない申し出があった。日本のWebサイト(2ch)からの申し出で、『われわれのアイデアが助けになると信じている』などと書かれていた。

記事で紹介されていない画像は、記事内のリンク「In pictures: Telegraph readers’ designs for the flag」から閲覧できる。


「日本の掲示板読者から投稿された風変わりなデザインの旗。この女の子はアナ・コッポラという名で、有名な漫画のキャラクターで、コーンウォール(英国南西の半島)出身らしい」など解説が付いている。

これも「日本の掲示板読者から投稿された」という作品。ネギ(リーク)はウェールズ地方の名産という。

とはいえ最も多かったのは英国内から。これは英国ノーサンバーランドの読者から投稿されたもので、EUの星マークと現英国首相・コードン・ブラウン氏が描かれている。英国内からの投稿は、ブラックユーモアに満ちたものも多い。

メニュー