国旗のある風景 – もしかして?

2010年のバンクーバー冬季オリンピック競技大会女子1,500mスピードスケート競技の表彰式の写真。しばし、じっとご覧ください。


バンクーバー冬季オリンピック(2010)女子1,500mで優勝したオランダのIreen Wust選手

これではまるで、国旗が縦長で、しかも3位のチェコの選手を讃える国旗は、左右が反対になっているような気分になってしまう。実は、私も一瞬そう思ったのだが…

ようく見ると、国旗は下に並ぶカナダの儀仗兵6人の真上に掲揚されていることが判る。それを斜め左うしろから撮影しているので、国旗の縦横比は5:6くらいの縦長に見えるし、チェコの国旗は左右が逆に見えてしまうのだ。

また、優勝したIreen Wust選手が掲げる国旗も、フランスの三色旗と見間違いそう。でも、選手の服装にオレンジ色があり、オラニェ(オレンジ)公を王と戴く、オランダの選手であることが判る。

げに目の錯覚とは恐ろしきもの。

メニュー