弔旗の報道で見る産経、読売、朝日


産経新聞1月26日付

読売新聞1月26日付

1月25日朝、アルジェリアでの人質事件で亡くなられた日本人10人中、9人のご遺体が無言の帰国をした。

国会議事堂前の国旗掲揚塔にはこの日、国旗「日の丸」が哀悼の意(弔意)を示す半旗の形で掲揚された。

しかし、産経新聞はカラーで、読売新聞はモノクロでこれを報じましたが、朝日新聞は無視しました。

国旗の専門家として私が言えるのは、2001年の「9.11事件」でも、2011年の「3.11大震災」でも、国会議事堂での弔旗の掲揚は全く遅れました。前者の時は私自身が何度も衆参両院に抗議をし、1週間も遅れての弔旗でした。

それにしても、この報道ぶり、3紙の基本姿勢を示しているというのは、少々ウガチ過ぎでしょうか?

メニュー