国旗のある風景 – オバマ大統領、2期目の宣誓

1月20日から2期目に入ったオバマ米大統領は、この日、ホワイトハウスの「ブルー・ルーム」で家族とロバーツ連邦最高裁長官ら少人数を前に就任にあたっての宣誓を行った。21日には就任式が行われ、就任演説で「統合」と「前進」をキーワードに、米国民が一体となった「米国の再建」を訴え、今後4年の進路を示した。

オバマ大統領は20日の就任宣誓で、ミシェル夫人が持つ実家伝来の聖書に左手を置きながら、同長官の先唱する言葉を復唱した。

ところで、各紙に掲載されたブルールームでの宣誓式の写真、「星条旗」と大統領旗、そしてジョージ・ワシントン初代大統領(右)と3代目のトマス・ジェファ-ソン大統領の肖像画。舞台仕立てがいい。

その場にいた次女のサーシャさん(11)から「お父さん、よくできてたわ」と声をかけられると、「やり遂げたよ」と笑顔をみせながら抱きしめた。というのは4年前の就任時には語句を間違え、やり直したことがよく知られているからのようだ。

4年後、世界から「よくできたね」といわれるよう、有言実行でお願いしたい。

メニュー