国連やオリンピックで国旗は同じサイズに


国連旗はUN Flag Codeで2:3、3:5、またはその国の国旗と同じ縦横比と決まっている。

国連旗はUN Flag Codeで2:3、3:5、またはその国の国旗と同じ縦横比と決まっている。国連本部でもそれに従い、全参加国の国旗を2:3の比率に統一して掲揚している。


NYの国連本部

ジュネーブの国連欧州本部

五輪旗について「オリンピック憲章」の規則69付属細則で次のように規定している。

1 開会式

1.1 オリンピック競技大会の開会宣言は開催国の国家元首によって行われるものとする。

1.2 開催国の国家元首は、スタジアムの入口でIOC会長及びOCOG会長の出迎えを受ける。両会長は、そのあと同国家元首を貴賓席のボックスヘ案内する。

1.3 参加者の行進がこれに続く。各選手団は、公式ユニフォームを着用し、選手団の名が書かれたプラカードに先導され、選手団の1名がもつ選手団の旗とともに行進する。参加選手団の旗及びプラカードはOCOGが提供するもので、かつ同じ大きさequal sizeでなければならない。プラカードを掲げ持つ先導者は、OCOGが指名する。
OCOGは Organising Committee of the Olympic Gamesの略。

このequal sizeだが、もちろん当面積と考えることはできる。しかし、それは実際に国旗を製作・製造し、掲揚する上では、統一サイズの場合に比べ格段の手間と費用がかかり、誤った掲揚に繋がる危険性が増すので、個別サイズを過剰に尊重することはしない。

メニュー