似た国旗、でも違う国 – メキシコとイタリアと

メキシコとイタリアの国旗はいずれも緑白赤の三色旗です。


メキシコの国旗

イタリアの国旗

1796年春、南アルプスを越えた、フランスのイタリア方面軍総司令官ナポレオン・ボナパルトは、「兵士らよ、私は諸君を世界一の豊かな土地に案内したい」と演説、小さな国々に分れていたイタリア半島の国々を従え、10月にはフランス三色旗の青を緑にえた旗をイタリアのシンボルとして承認しました。

しかし、ナポレオンのにより、イタリアは再び小さな国々に分裂、多くがオーストリア、フランス、ローマ教皇などの支配下になり、この旗は使われなくなったのです。

しかし、19世紀前半のや、続く青年イタリア党による運動、そしてサルディニアのヴィットリオ・エマヌエレ2世(サヴォイ王家、初代イタリア王)らによるイタリア統一戦争では、この三色旗が掲げられ、1861年のイタリア王国成立を導いたのでした。

この三色旗に王家の紋章をつけた三色旗が国旗として定められ、1946年まで存続。戦後の1948年、紋章なしの三色旗となったのです。3色は自由・平等・友愛を表わしています。

一方、メキシコの国旗は1821年、メキシコがスペインから独立した時に採択された国旗なのです。緑、白、赤の縦三色の中央に国章を配した旗です。緑は独立・希望、白はカトリック・宗教的な純粋さ、赤は統一を表しています。

中央のしるしは国の紋章で1325年のアステカの首都「テノチティトラン(現在のメキシコシティ)」の創設にまつわる伝説によるものです。

すなわち、「蛇をくわえた鷲がサボテンにとまっているようすを見たらそこに都を築け」という、アステカ神話の予言に由来するものです。アステカというのは古代からこの地方にあった非ヨーロッパ系の文明ですが、16世紀にスペインによって国を破壊されました。

この2つの国旗、以上のような経過によってできたのですから、どっちが古いとは簡単に言えないのです。

メキシコが独立した時にはイタリアは単なる半島を表す地名にすぎませんでした。今でも、イタリアという国は本当に1つの国なのかというほど、文化も、経済も、食べ物も各地で違います。しかし、フランスのルイ・ナポレオン皇帝の支援を得て、イタリアが統一した歴史的経緯を思うとき、この三色旗を採択するほか国を1つにまとめるものはなかったのだろうと思います。

メニュー