世界の国旗好感度リストアップ<Ⅰ> – 独断と偏見で選ぶベストテン

小中学校で講演すると「先生はどの国旗が一番好きですか?」という「難しい質問」にあいます。「日本の国旗が一番好きです」と素直?にまず答え、それから、いつもこんな国の名前を挙げています。時には、北朝鮮とガンビアが、またアルゼンチンとウルグアイが入れ替わったりします。

「日の丸」は、世界の多くの友人が、どの人も口をそろえて素晴らしいと言ってくれます。これは、あながち訊く私が日本人だからというだけではないように思います。

さてさて、独断と偏見でベストテンの国旗を挙げると、こんな国々です。

1. ウクライナ

2. スエーデン

3. フランス

4. 南アフリカ

5. ガンビア

6. アルゼンチン

7. カナダ

8. 北朝鮮

9. カザフスタン

10. ネパール

少しずつ、私の「思い」や「思い入れ」を書き綴ってみましょう。

いつぞや、朝日放送の長時間番組「ビーバップ・ハイヒール」でタレントの「ハイヒールりんご」さんに訊かれ、とっさに「私が最も好きな国旗はウクライナです」と答えました。

これはホンネです。

ところで、8月18日、ここまで書いたところで、毎日新聞電子版がこんなニュースが目に入りました。

「6人のヒマワリ」がこの夏も咲いた。宮城県石巻市福地地区に住む佐藤ちよえさん(73)宅裏で、昨年3月の東日本大震災前にはなかった黄色の花が揺れる。市立大川小6年だった孫のみずほさんら津波で亡くなった地区の児童6人の生まれ変わりのように昨夏、形や大きさが異なる六つの花々が初めて咲いた。今夏はそれぞれの家近くにも植えられ笑顔のようにほころんでいる。

震災で、海寄りの大川小にいた、みずほさん▽同級生の加納愛香さん、弟で2年の悠登君▽5年の紫桃千聖(ちさと)さん▽3年の今野誠君▽2年の佐藤来旺(らいお)君の6人が津波にのまれた。地区には大きな津波被害はなかったが、佐藤さん宅裏も川を逆流した海水につかった。

何も育たないと思っていたその場所に昨年の春過ぎ、芽が出た。津波で種子が流れ着いたのだろうか。孫の写真に涙していた佐藤さんの目に昨年7月、まぶしい黄色が飛び込んできた。元気に真っすぐ伸びた茎は、どれもヒマワリに見える。初盆前に次々花を結んだ。


ヒマワリをいとおしそうにみつめる佐藤ちよえさん=宮城県石巻市福地で、毎日新聞・百武信幸記者撮影

よく見れば、形や大きさなどが違う花が6種類ある。「この花は丸っこくて悠登君に似ているね」「花びらが細くてかわいいのが、うちの孫」。数も同じで6人の生まれ変わりのようだ。最年長のみずほさんが「みんなを連れて帰ってきたんだ」と感じた佐藤さんが、それぞれの家庭に届けると、つらくて話しきれなかった孫や子の思い出話であふれた。

佐藤さんは「子どもたちからの贈り物」を毎年咲かせようと、種を6種類に取り分けて保管。愛香さんと悠登君の祖父、加納正治さん(69)の協力を得て、今年は5月から加納さんのビニールハウスで育て、大きくなってからそれぞれの家庭へ植えかえた。

「こんな不思議なことがあるなんて。笑顔の子どもたちが帰ってきたみたい」と喜ぶ佐藤さん。正治さんは「これを育てていくのが、これからの俺の役目だ」と花びらを大切そうに見つめる。自宅の居間から見える場所にヒマワリが育つ紫桃千聖さんの祖母のみさ子さん(80)は、「毎日朝から晩までながめては孫を思い出しています」としみじみ話す。

静かになった地区を、6人のヒマワリが明るく照らしている。

北上川の河口に近い大川小学校では東日本大震災の際、児童と教職員のほとんどが津波にのみ込まれるという悲劇が起こりました。社会福祉法人さぽうと21理事長として何度も被災地を訪れている私ですが、今や何もない岸辺に3階建てのがらんどうの校舎が残り、祭壇に花とお線香が絶えない様子を見ると、ただただ合掌するほかありません。

そして、私が大好きな国旗ウクライナに思いが飛んだのでした。

ところで、あなたが選ぶ世界の国旗のベストテンは?

メニュー