ロンドン五輪には全ての国から女子選手が参加、拍手!!!


ブルネイの国旗

カタールの国旗

サウジアラビアの国旗

7月12日、国際オリンピック委員会(IOC)は「サウジアラビアの女子選手2人が、ロンドン五輪出場」という歴史的な発表をした。これで、ロンドン五輪に参加するすべての国、地域が、女子選手を派遣することが決まった。

これまで、女子選手を五輪に派遣した実績がなかったブルネイ、カタールはすでに派遣を表明しており、最後に参加を決めたのがサウジアラビア。柔道の78キロ超級と、陸上の800メートルに出場する。

今回の五輪では、初めてボクシングに女子種目が導入され、26競技(4年前の北京五輪では28競技)すべてで女子種目が行われることになった。この点でもロンドン・オリンピックは画期的な大会といえよう。IOCのロゲ会長は、「IOCは五輪での男女平等に力を注いできたが、大きな進展だ」との談話を発表した。ロンドン五輪は、女性のスポーツ参加の歴史に大きな足跡を残すことになった。

メニュー