中学入試に国旗の問題③ – 東京女学館中学校

2011年度、つまり今の1年生たちが受験した、東京女学館中学校(東京・渋谷)の入試問題はすごいです。受験生がどう答えたか見たいものです。おそらくこの図柄を見たことのある人はほとんどいないのではないでしょうか。

でも、これはアメリカ合衆国独立当時、1777年6月14日から1795年5月1日までの18年間(215ヶ月)続いたものです。この記録というのはアメリカの国旗(「星条旗」)では、現在の50星の624ヶ月(2012年6月現在記録更新中)、48星の564ヶ月、15星の278ヶ月につぐ、4番目に長期間用いられたデザインなのです。

今の「星条旗」のデザインは表示されていませんから、かなりの難問なのではないでしょうか。

問4 図はアメリカ合衆国ができた時の国旗です。現代のアメリカ国旗はこれと大きく変化しています。その変化した点を書いて,その変化が意味することを説明しなさい。

メニュー