国旗のある風景7 – 平戸での中国と台湾の国旗併揚


中野浩平戸法人会長提供

国旗「日の丸」とともに中国の「五星紅旗」と中華民国(台湾)の「青天白日満地紅旗」が昨年7月に長崎県平戸市で一緒に掲げられたことについての、平戸市のHPに載っている詳報です。


中国の「五星紅旗」

台湾の「青天白日満地紅旗」

今年は平戸川内生まれの鄭成功が台湾をオランダから解放して350周年の節目にあたることから、4月に総勢32名の大訪問団を編成し台湾に行ってきましたが、その時、頼清徳台南市長とも面談し、平戸での鄭成功生誕祭にお招きしてきました。これに応えていただく形で頼市長との再会が実現し、13日に平戸市役所で歓迎のご挨拶を申し上げ、前夜祭と生誕祭を盛大に開催することができました。

前夜祭には、訪問団や市内関係者を含む約150名が参加し、田助ハイヤ節の演奏や踊り、長崎からお招きした胡弓奏者・李文馨さんの艶やかな演奏が国際色溢れる会場を盛り上げました。


鄭 成功

頼市長からは「平戸の皆さんの長年にわたる温かい友情に感謝したい。特に平戸港に国旗を掲げての歓迎に心から感動している。これからも若者を含む親密な交流を促進したい」との力強い挨拶がありました。

また液晶画面生産では世界有数企業の奇美実業公司グループの許文龍会長から「平戸市未来創造文化振興基金」への多額の寄付が、頼市長を通じて受け取らせていただきました。同基金への寄付の第一号でもあり、大切に活用させていただきたいと思います。

晴天に恵まれた翌日の鄭成功生誕祭は、これまでの丸山の鄭成功廟前ではなく、鄭成功居宅跡を整備し特設会場を設置して盛大に開催しました。会場には生誕地の川内町内の皆さんも大喜びで参加していただき、中野ジャンガラの披露や歴史キャラクターの演出効果もあって、これまでにない町を挙げての盛り上がりとなりました。また地元の中野愛児園の園児の皆さんもかわいい太鼓の披露や前日に引き続き胡弓奏者の李文馨さんの演奏と歌に多くの観客が感動の拍手を送っていました。

来賓として、駐長崎中国総領事館の李文亮総領事も駆けつけ、台南市長と3人でしっかり握手を交わし、これからの東アジアの平和友好と繁栄を誓いました。これも全て鄭成功の尊いご縁によるものであり、こうした平戸ならではの歴史的資産を未来に受け継ぐことで世界史的にも重要な使命を果たしていかなければなりません。

福建省の中でも特に鄭成功を崇拝する関係都市からも平戸へのアプローチが数多くありますので、今後の国際交流もしっかりと広げていきたいと思います。

今年は平戸川内生まれの鄭成功が台湾をオランダから開放して350周年の節目にあたることから、4月に総勢32名の大訪問団を編成し台湾に行ってきましたが、その時、頼清徳台南市長とも面談し、平戸での鄭成功生誕祭にお招きしていました。これに応えていただく形で頼市長との再会が実現し、13日に平戸市役所で歓迎のご挨拶を申し上げ、前夜祭と生誕祭を盛大に開催することができました。

前夜祭には、訪問団や市内関係者を含む約150名が参加され、田助ハイヤ節の演奏や踊り、長崎からお招きした胡弓奏者・李文馨さんの艶やかな演奏が国際色溢れる会場を盛り上げました。頼市長からは「平戸の皆さんの長年にわたる温かい友情に感謝したい。特に平戸港に国旗を掲げての歓迎に心から感動している。これからも若者を含む親密な交流を促進したい」との力強い挨拶がありました。また液晶画面生産では世界有数企業の奇美実業公司グループの許文龍会長から「平戸市未来創造文化振興基金」への多額の寄付が、頼市長を通じて受け取らせていただきました。同基金への寄付の第一号でもあり、大切に活用させていただきたいと思います。

晴天に恵まれた翌日の鄭成功生誕祭は、これまでの丸山の鄭成功廟前ではなく、鄭成功居宅跡を整備し特設会場を設置して盛大に開催しました。会場には生誕地の川内町内の皆さんも大喜びで参加していただき、中野ジャンガラの披露や歴史キャラクターの演出効果もあって、これまでにない町を挙げての盛り上がりとなりました。また地元の中野愛児園の園児の皆さんもかわいい太鼓の披露や前日に引き続き胡弓奏者の李文馨さんの演奏と歌に多くの観客が感動の拍手を送っていました。

来賓として、駐長崎中国総領事館の李文亮総領事も駆けつけ、台南市長と3人でしっかり握手を交わし、これからの東アジアの平和友好と繁栄を誓いました。これも全て鄭成功の尊いご縁によるものであり、こうした平戸ならではの歴史的資産を未来に受け継ぐことで世界史的にも重要な使命を果たしていかなければなりません。福建省の中でも特に鄭成功を崇拝する関係都市からも平戸へのアプローチが数多くありますので、今後の国際交流もしっかりと広げていきたいと思います。

「平戸市未来創造文化振興基金」への多額の寄付が、頼市長を通じて受け取らせていただきました。同基金への寄付の第一号でもあり、大切に活用させていただきたいと思います。

晴天に恵まれた翌日の鄭成功生誕祭は、これまでの丸山の鄭成功廟前ではなく、鄭成功居宅跡を整備し特設会場を設置して盛大に開催しました。会場には生誕地の川内町内の皆さんも大喜びで参加していただき、中野ジャンガラの披露や歴史キャラクターの演出効果もあって、これまでにない町を挙げての盛り上がりとなりました。また地元の中野愛児園の園児の皆さんもかわいい太鼓の披露や前日に引き続き胡弓奏者の李文馨さんの演奏と歌に多くの観客が感動の拍手を送っていました。

来賓として、駐長崎中国総領事館の李文亮総領事も駆けつけ、台南市長と3人でしっかり握手を交わし、これからの東アジアの平和友好と繁栄を誓いました。これも全て鄭成功の尊いご縁によるものであり、こうした平戸ならではの歴史的資産を未来に受け継ぐことで世界史的にも重要な使命を果たしていかなければなりません。福建省の中でも特に鄭成功を崇拝する関係都市からも平戸へのアプローチが数多くありますので、今後の国際交流もしっかりと広げていきたいと思います。

文中にある奇美実業公司グループの許文龍会長とは、わが師・末次一郎先生と昵懇で、先生の存命中、私も何度もご一緒させていただいた方です。2001年7月の葬儀にも駆けつけてくださいました。

さて、今秋、ウラジオストクでAPAC首脳会議が開催されます。ロシアのプーチン大統領は大張り切りですが、アメリカのオバマ大統領は欠席することになりました。(もっとも、5月にシカゴで開催されたG8を、プーチン大統領が欠席しました。)

私が注目するのは、ウラジオストクで、平戸市のように、台湾の国旗が中国の国旗とともに掲揚されるかどうか。

私が主宰するユーラシア21研究所は会議の直後にウラジオストクで3回目の「ウラジオストク・フォーラム」を開催します。そのあたりを、よ~く、調べてきたいと思っています。

メニュー