数年後には独立? グリーンランド


グリーンランドの旗

政治的に深刻な争いや内戦を伴わずにこれから独立しそうな地域として、最近、話題になったのが、世界最大の島グリーンランド(デンマーク領)。メルカトール図法の世界地図を見慣れている私たちにはオーストラリアよりも大きな面積のように錯覚しがちですが、実際はその約29%の面積です。

英語やデンマーク語では「緑の島」ですが、グリーンランド語では Kalaallit Nunaat「人の島」。緑も人もここでは少ないのです。

大部分が北極圏に属し、全島の約80%以上は氷床と万年雪。氷の厚さが3,000m以上に達する所もあるとか。人が住むのは南西の沿岸だけで、人口は5万6千人ほどです。

旗は、真っ赤に描かれた太陽。1979年5月に高度な自治政府が発足し、その6年後のコンペで、地元のデザイナーであるクリスチャンセン (Thue Christiansen) による案が採用されました。一面、氷で覆われた大地から昇る朝日を象徴するデザインです。赤と白は、デンマークの国旗「ダンネブログ」の色に由来するものです。緑、人、太陽の3つはグリーンランドが一番望んでいるものなのでしょうね。そんな思いが伝わってくるデザインです。

グリーンランドでは、2008年11月、より広範な自治拡大を問う住民投票が実施され、賛成75.54%、反対23.57%(投票率は71.96%)でした。エノクセン首相は「遠くない将来に完全独立が実現することを望む」と語りました。

この結果、2009年6月21日から公用語はグリーンランド語となり、警察、司法、沿岸警備などの権限を中央政府から移譲されました。また、これまでデンマーク本国と2分していた地下資源(中東に匹敵する埋蔵量?)からの歳入について、7500万デンマーク・クローネまでを自治政府の取り分として、これを超える分を本国と折半するということになったのです。

膨大な原油埋蔵量と言われつつも、現実には、自然条件の厳しさから採掘は至難と言われています。ただ、これが、地球の温暖化や石油価格の上昇などにより条件が緩和されれば、文字通り「緑の島」になり、経済的には特段に注目される国になるでしょう。

メニュー