取手一中

長年、茨城県の中等教育に関わってきて、今は千葉県在住のわが友人T元校長によれば、茨城県取手市立取手第一中学校は地元ではなかなか評判の公立中学だそうです。

その中学が、校舎の老朽化により統廃合され、今月いっぱいで閉校となるのだそうです。

「有終の美を飾ってくれていますよ」とT元校長が昔、部下だった同校の教師からのメールを「日の丸」にアイロンがけしている写真とともに転送してくれました。

やはり評判の中学校だけありますね。

「日の丸」をアイロンかけして数日後に迫った閉校式典のステージに掲揚します。
使用後は、この立派な国旗はどうなるのでしょう。お蔵入りは勿体ないですよね。

さっき、本校の長い中央廊下を野球部員たちが、「一中」の応援歌を歌いながら雑巾がけをしていました。

♪涙 涙なんか 僕たちにゃ
必要 ないのさ 若いんだ… (中略)

♪赤い夕陽を追いかけながら…(中略)
握った拳突き上げて
勝って 校旗の下で泣け ♪

本校は市内で唯一、校歌の他に生徒会歌と応援歌がある学校です。
白いユニフォームで雑巾がけする生徒らの声が涙を誘います。

まもなく65年の歴史に幕はおろされ、校旗は返納。春からデザインも変わります。
もう、この校旗の下で泣くことはないのです。

野球部員諸君、いつの日か

「日の丸」の下で泣け!

メニュー