変わりそうな国旗①

世界情勢は多事多端、混乱が続き、武力紛争が絶えません。国旗はそうした動きを反映し、時々、変更になるのです。

当面、変更の可能性がある国旗がいくつかあります。フィリピンでは既に国会で変更が決議されており、イラクは再検討すると国会が決めています。

ネパールは王政が倒れ、憲法の改定が話し合われています。旺盛時代の憲法の付属文書で、世界で一番詳しく規定されていた国旗ですが、これはおそらく変わるでしょう。

エジプト、そしてシリアでもこの政治情勢ではきっと変更の事態になるでしょう。具体的にみてみましょう。


フィリピンの国旗

フィリピンの国旗の白は平等と友愛を、青は平和、真実と正義を、赤は勇気と愛国心を象徴し、黄色い太陽は自由を表徴しています。3つの星はこの国の主要な島であるルソン、ミンダナオ島、ビさや諸島を表しています。太陽から8本の光が出ていますが、これはフィリピン独立革命の際、最初に武器を取ったルソン島所在の8州(パンパンガ州、ブラカン州、リサール州、カビテ州、バタンガス州、ラグナ州、タルラック州、ケソン州)を表しているものです。

2009年9月27日、国会は、1521年、スペインの探検家マゼランの一行が来島して以来、いかなる場合にも屈服しなかったムスリムの人たちに敬意を表し、光の数を1本増やして9本とする提案を議会で決定したのですが、デザインはまだ改定されていない)。


2008年以来のイラク国旗

2004年に議会に提案され議会で否決されたイラク国旗の案。青はイスラムの国にはあまりになじみにくいのです。

イラク国民議会は2008年2月21日、国旗を変更しました。その際、新しい国旗は暫定的なもので、1年以内に見直すという付帯決議があるのですが、今もって、見直しがあったとも、変更になったとも報道されてはいません。

昨年は「アラブの春」で、リビアの緑一色の国旗は、王政時代(1951~69)までの国旗に戻りましたが、同じく独裁政権が打倒されたエジプトやチュニジアの国旗は変更になっていません。チュニジアの国旗は独立以来のものですから、あるいは変更がないかもしれませんが、エジプトの国旗は1984年10月に、今回追放されたホスニ・ムバラク大統領が変更したものですから、私はエジプトの政局が落ち着きそうになったらおそらく変更されることになるものと思っています。

メニュー