フランスとイタリア、ロシアとブルガリア

国旗には、しばしば相対的にデザインが決まった例がある。イタリアの国旗はナポレオン・ボナパルトが18世紀の末、イタリア地方に遠征した時、言うならば「与えた旗」。四分五烈していたイタリア半島にイタリア王国という一応の統一国家が出来たのは1861年のこと。


フランスの国旗

イタリアの国旗

ロシアの国旗

ブルガリアの国旗

ブルガリアの国旗もこの国が1878年の露土戦争でオスマントルコから独立したときに、今では簡単にそうは言わないが、明らかにロシア国旗の影響を受けてできたデザイン。

この4つの国旗は合わせて記憶するといいように思う。

メニュー