国連大学で見たアフリカ諸国旗

認定NPO法人難民を助ける会(柳瀬房子会長、AAR)の創立35周年記念シンポジウム「今 私たちはどんな世界に生きているのか 国際協力が描く未来」が東京・青山の国連大学ウ・タンと国際会議場で開催された。あいにく日露関係での大事な会合と重なったため、私は後半しか参加できなかったが、長 有紀枝(おさ ゆきえ)同会理事長(立教大学教授)の巧みな手綱さばきもあって、若い人にはなかなか得るとⅨ頃の多い、実のある内容だったように思う。


国連大学2階エスカレータ前の立像

第1部は、人気ジャーナリストの池上彰氏の基調講演、「私たちが生きる世界 ― 求められる国際協力の形」(私は聞き逃しました)、第2部は、それをもとに外務省領事局長三好真理、企業市民協議会企画部会長の関正雄、東京外語大学教授でAAR副理事長の伊勢崎賢治の3氏と池上氏によるパネルディスカッション。「想像力を伸ばせ」という池上氏、「生意気な若者たれ」という伊勢崎氏など、印象にのこる言葉が聴かれた。

このあとの懇親会の席上、私は池上氏に、1958年に当時、ジュネーブ大学教授(赤十字国際員会=ICRC副委員長)だったJ.S.ピクテ氏が書いた名著『赤十字の諸原則』に「人道の4つの敵」というのがあり、①利己心、②無関心、③認識不足、④想像力の欠如、とあることを指摘しておいた。ピクテ氏は特に、無関心について、「これが重なると確実に人を殺す」としているのがいいと長年、思ってきた。いわば私にとっての座右の銘のようなものだ。

それはさておき、会場となった国連大学のロビーにこんな立像があった。おそらくはTICAD(アフリカ開発東京会議)あたりで使ったものだろうが、しばし佇んで、53カ国の国旗の再確認をした。

そこで、みなさんにも、写真でお届けする次第だが、「全部わかったらカップルで…」は古いので、ウィキペディアから初めに正解を転載しておきたい。

アフリカの国旗には、赤黄緑のものがいかに多いか、ご覧下さい。また、国民を表わす黒も時々、出てくる。

括弧内は首都、その後ろの言語名は公用語を示す。

北アフリカ

国・地域 公用語
アルジェリア(アルジェ) アラビア語、フランス語
エジプト(カイロ) アラビア語
スーダン(ハルツーム) アラビア語、英語
チュニジア(チュニス) アラビア語、フランス語
モロッコ(ラバト) アラビア語、フランス語、スペイン語
リビア(トリポリ) アラビア語

西アフリカ

国・地域 公用語
ガーナ(アクラ) 英語
カーボベルデ(プライア) ポルトガル語
ガンビア(バンジュール) 英語
ギニア(コナクリ) フランス語
ギニア・ビサウ(ビサウ) ポルトガル語
コートジボアール(ヤムスクロ)、(アビジャン) フランス語
シエラレオネ(フリータウン) 英語
セネガル(ダカール) フランス語
トーゴ(ロメ) フランス語
ナイジェリア(アブジャ) 英語
ニジェール(ニアメ) フランス語
ブルキナファソ(ワガドゥグー) フランス語
ベナン(ポルトノボ) フランス語
マリ(バマコ) フランス語
モーリタニア(ヌアクショット) アラビア語、フランス語
リベリア(モンロビア) 英語

中部アフリカ

国・地域 公用語
ガボン(リーブルヴィル) フランス語
カメルーン(ヤウンデ) フランス語、英語
コンゴ共和国(ブラザヴィル) フランス語
コンゴ民主共和国(キンシャサ) フランス語
サントメ・プリンシペ(サントメ) ポルトガル語
赤道ギニア(マラボ) スペイン語、フランス語、ポルトガル語
チャド(ンジャメナ) フランス語、アラビア語
中央アフリカ(バンギ) フランス語
ブルンジ(ブジュンブラ) ルンディ語、フランス語
ルワンダ(キガリ) ルワンダ語、フランス語、英語

東アフリカ

国・地域 公用語
ウガンダ(カンパラ) 英語、スワヒリ語
エチオピア(アディスアベバ) アムハラ語、アラビア語
エリトリア(アスマラ) ティグリニャ語、アラビア語
ケニア(ナイロビ) 英語、スワヒリ語
ジブチ(ジブチ市) フランス語、アラビア語
セイシェル(ヴィクトリア) フランス語、英語
ソマリア(モガディシュ) ソマリ語、アラビア語
タンザニア(ダルエスサラームおよびドドマ) 英語、スワヒリ語
スーダン(ジュバ) 英語

南部アフリカ

国・地域 公用語
アンゴラ(ルアンダ) ポルトガル語
コモロ (モロニ) フランス語
ザンビア(ルサカ) 英語
ジンバブエ(ハラレ) 英語
スワジランド(ムババーネ) 英語
ナミビア(ウィントフック) 英語、アフリカーンス語
ボツワナ(ハボローネ) 英語
マダガスカル(アンタナナリボ) フランス語
マラウイ(リロングウェ) 英語
南アフリカ(プレトリア)、(ケープタウン)、(ブルームフォンテーン) 英語、アフリカーンス語他
モーリシャス(ポートルイス) 英語、フランス語
モザンビーク(マプト) ポルトガル語
レソト(マセル) 英語
メニュー