青地に黄色の十字とはなんたることか

所用で東京の環状7号線を運転中に、大田区馬込付近でこんな看板を見つけた。青地に黄色の十字がクリニックの看板に描かれている。

こういうのは国際条約や国内法でやってはいけないことなのです。赤十字のまがい物なのです。きっとこのクリニックはまがいものの診療に違いありません。もし、それでなければ、何も知らず、気づかない無神経な経営者がやっているクリニックです。

同時に、日本赤十字社はこういうのをしっかりチェックして注意を喚起すべきです。IOC(国際オリンピック委員会)など厳しすぎるほど五輪を管理し、使用には厳重な制限を付け、注意や取り締まりをしています。薬局から医院、はては動物病院まで赤十字のマークを付けていて、どこからも注意されないというのは、日赤はもとより厚生労働省、保健所、警察など関係者の怠慢である。

ま、おのおの方、健康にはあらためてくれぐれも注意した方がよさそうだというのが、教訓かも。

メニュー