男12年、女7年の兵役義務 – 北朝鮮

各紙が韓国紙・東亜日報のつたえるところに拠ればとして、北朝鮮が、今月中旬、来春から17歳の女性を対象に7年間の兵役義務を課すことに決定したとのこと。男性の場合は現行の10年の徴兵期間を11年に延長するとのこと。


北朝鮮の国旗。デザインとしては実に工夫された国旗。
民族の伝統色、白線で2色が接せず、
星を旗竿側にずらす…国旗デザイン(紋章学)のルールにのっとった配色だ。
これを提案したデザインナーの名は「わからない」との返事を
当局からいただいているが
もしかしたら、戦前、上野の美術学校(現・東京芸大美術学部)の出身者かも。

当初は男性については13年にしようとしたが、1990年代で延長措置で失敗し、経済に大きく影響したことから方針を変えて、」女性兵士の拡大を図ったもの。これで女性兵員は22%から40%に増えるものと思われる。

兵員不足の原因は、①90年代の飢餓で出生率が激減したこと、②このため兵員適齢期になった今、適齢の青年数の少なさ、虚弱さが目立つこととか。

私ははしばしばロシアで北朝鮮人を見かけるが、共通しているのはいずれも身長が低いこと、年齢がやや高いにかかわらず、木材伐採など過酷な任務に就いていること、日に焼けてまっくろなこと、物言わず、ほとんどが喫煙していること…だ。

あの経済力で120万人もの軍隊を抱え、若者をねこそぎ兵役に持ってゆくことの無理を歎じざるを得ない。

メニュー