「住民投票で過半数を得られれば独立?」

そうはいかない。その住民投票が中央政府の認めるものであることが絶対条件だ。例外は1つ。コソボがセルビアから離脱したケースだ。

コソボは住民の大多数がアルバニア系、その人たちが独立を言い出した際、セルビア中央政府は断固としてこれを認めず、「コソボ紛争」に発展したのは記憶に新しい。

この場合は、セルビアが非人道的行為を繰り返し、国際社会が総スカンという事態を招いていたのである。

これに対し、グルジア共和国から南オセチアやアブハジアがといった名称と国旗で、親露勢力が事実上独立しているとはいえ、これはグルジアの首都トビリシの中央政府が認めた上でのレファレンダムではなく、非公認の、世論調査のような投票というほかない。


南オセチアの「国旗」

アブハジアの「国旗」
メニュー