スロバキアの分離でもチェコの国旗は変わらず

チェコスロバキアは東西冷戦後の1993年1月1日、チェコとスロバキアに分離した。いわゆる「ビロード離婚」である。しかし、それまでの国旗はチェコの国旗としてその後も継続して使用されている。


チェコの国旗

第一次世界大戦後に独立を回復し、ボヘミアの紋章に由来する白赤の横二色旗を使用していたが、それではポーランドの国旗と同じデザインとなるため、1920年にチェコ、スロバキア、モラヴィアを表す青の三角を加えた。

メニュー